基本的に主婦。シンガーソングライター。          (画像Cherryさん)


by koyomidon
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

御礼と十月十日土曜日、harappaルーフトップライブのお知らせ

二十日のまちなか情報センターでの
「ストリートが呼んでいる Vol12」 『Do I Like Our Way?』に
いらしてくださった方、本当にありがとうございました。
初の野外イベントを自分的には
野外フェスってイメージをしながら歌わせていただきましたが、
でももっと自分でも意識を持って次回がもしあるのであれば
やってみたい気が致しました。
声をかけてくれた佐藤さんはじめスタッフの皆様、
対バンの皆様
そしていらして下さった皆様
本当にありがとうございました!

さて、この後も
いろいろとライブやイベントにかかわることがありますので
少しずつご案内させていただきます。

どのイベントも
お勧めです!
ぜひ、お時間を取っていらして下さいませ。

今日はまず、十月十日(土)
harappa rooftop live2

======(以下 harappaウエブサイトより 転載)========
いつもは使われていない空間に、柔らかな音楽が響きわたる。
harappa rooftop live 2
2009年10月10日(土)
open 18:00 / start 18:30
会場:space harappa 3F (青森県弘前市土手町112)
チケット:500円 ※当日券あり

チケット取扱・予約
harappa事務局
0172-31-0195
post@harappa-h.org

出演
鳴海徹朗
81年生まれ、黒石市在住、蟹座。現在、アップルウェーブにて毎週木曜夜9時より放送中の音楽番組、「もじゃもじゃラヂヲ♪」のパーソナリティ。
ラヂヲの宣伝も兼ねて、たまに唄うのだという。
華のカリフラワァ

MARCO
04年 弘前市のライブハウスを中心に活動開始。
07年 自主企画『伝心うたげ』を開催。
自主制作CD『伝心うた』を発売(生産終了)。
09年7月 育児休暇を終了し活動を再開。
アコースティックギターでの弾き語り。
マルコの迷信

出産を終え育児で奮闘中ではありますが
この夏、MARCOさんはまた歌い始めました。
歌を作ることが好きでギターを弾きたくて
そして、どんなに歌う事が大切な事であるかが伝わってきました。
自分で土をこねて形を作り上げて色を塗って
熱い火で焼かれてできた自分の焼き物を手に取った時の
手に感じるぬくもりのような歌でした。
力強くて優しくて面白くて繊細な逸品、そんな歌です。


聞こえないふりをした
渡邊 勇太(guitar) 工藤 葉子(keyboards) 佐藤 卓(guitar)
07年夏結成/(基本的に)インストゥルメンタルバンド。
ambient/drone/electronica/noise等の要素を取り入れた楽曲を軸に、青森県内(外)でマイペースにライブ活動を行う。現在までに、音源[ame no ato e.p.][screen][filter]を発表。Jamie Squeezeとの共同企画[nuclear sound scape]を不定期ながらも開催している。
kikoenaifuriwoshita

リズムマシンでの打ち込みのリズムでのインストバンドというのは
よくあると思うけれど、「聞こえないふりをした」の
音の重ね方は一度は聴いてみる価値がある。
キーボードの印象的なくり返される胸にくる旋律に
多様な音質のエレキギターが繊細にそして緊張感をはらんで
絡み合ってやがて感動の流れの中に巻き込まれていきます。
harappa階上の空き店舗のなつかしい空間に
どんな風に響くのでしょうか。


koyomi cafe
主婦・シンガーソングライター"koyomi"がフードブースを担当!
※1プレート\300


===========================


という訳で、
鳴海さんも
MARCOさんも
聞こえないふりをした  

も、
とても好きな方たちです。
本当に楽しみ!
いい夜になると思うといまから待ちとおしいです。

という訳で、
わたしは
フードブース担当なんですが、
本業の主婦として
正直、気合入ってます!
ぜひぜひいらしてくださいませ。
1プレート300円で、あとはいただきません。
いろいろ召し上がってくださいませ。
はっきり言いますが、
気合入ってます!
[PR]
by koyomidon | 2009-09-26 06:04 | お知らせ