基本的に主婦。シンガーソングライター。          (画像Cherryさん)


by koyomidon
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

待つ気持ち

            ・タンスの上のしま(近影)
           「皆さんと会えますね…」(しまのつぶやき)
f0113109_4532082.jpg

八月四日(水)
三日ほど、朝なんか窓を開ければひんやりして少し寒いなと
窓を閉めるほどでしたが、今朝はそれもなく夏が戻ってきました。

歩いたり自転車で買い物したりもしていた二、三日
でも暑さが戻ってきてまた車で買い物。
車ではいつも好きなCDかけますが、最近とてもよく聴いているのが
くるり(やっぱり!笑)のライブ盤
Philharmonic or die

ライブ盤って、作りこまれたCDとまた違って
やっぱりライブなんですが
くるりのシンプルだけど絶対かっこいいロック魂(っていう言い方恥ずかしいですが…)が
あって、これ聴いてるとバンドっていいなあって思えて元気になる。
やっぱり私はくるりが好きです。
車で何を買いに行ったかというと
雨合羽(上下分かれているやつ~)です。
週末に迫った岩木遠足の準備も少しずつしていたけれど
メールでの案内が来て最終の準備を。

さて岩木遠足
マタギコースに参加なのですが
去年はもろもろ予定もあって夜の「音楽の時間」だけ参加でした。
でも今年は「生活の時間」にあたらしく設けられたこの
「マタギコース」のことを知ってから絶対参加すると決めていました。
本当のマタギさんとお会いしてそのお話や体験ができるんです。

この岩木遠足の発案者であるgm ten | gm projectsの豊嶋秀樹さんの魅力もさることながら
マタギコースのガイド役に石川直樹さんの名前を見つけた時は
嬉しい驚きでした。
はじめて石川直樹さんのことを知ったのは「ほぼ日」です。
北極を撮った石川直樹さんと上野公園を撮る。というコンテンツでした。
自分にはほぼ絶対行くことのできない場所や経験をしている人だけれど
糸井さんと上野公園で写真撮っていろいろ語っておられて
とても面白いなあって思いました。
それから写真集とか興味もあっていろいろみたり

POLAR ポーラー

石川 直樹 / リトル・モア

富士山にのぼる

石川 直樹 / 教育画劇


また本も書かれていて

全ての装備を知恵に置き換えること (集英社文庫)

石川 直樹 / 集英社


最後の冒険家

石川 直樹 / 集英社


まだ若いのに経験されていることも凄くてお話を聞けるこんな機会が
あるなんて、と不思議な感じです。
マタギコースのガイドは
豊嶋秀樹さんと石川直樹さんというすばらしいお二人です。
申し込みの時はどきどきしました。
人気アーティストのライブの申し込みみたいに
きっと一瞬で完売するのでは~~~、と。
と言うわけで朝からその時間にPCの前でスタンバッて
受理されたときは嬉しかった~。
もうすぐ待ってた岩木遠足!
いろいろと準備をしているうちに
あ、なんだかこれ、子供の時の遠足の準備だ、と思ってわくわくしてきました。
それであらためて「岩木遠足」!なのだ!と。
遠足なんだあ。
たくさんのまた大好きな人達と会えるのもとてもとても楽しみです。
[PR]
by koyomidon | 2010-08-05 04:53 | 日記