基本的に主婦。シンガーソングライター。          (画像Cherryさん)


by koyomidon
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

買い物、焼肉、ジンギスハン…。

十一月十八日(土)
 子供達が休みで、お弁当も作らなくてよい比較的ゆっくりとした朝を過ごす。
が、今朝の空は北国独特のどんよりとした灰色の空。
気温もかなり低くなって日一日と寒さがこたえる今日この頃。
こんな朝の中を、赤鬼は一人バスで帰っていったんだなあと
感慨にふける…。
でもまた会えるよね…。

午前中、諸々の所要をすまし、
お昼は細うどんを家族に用意し、
午後、末子と買い物に。
冬の衣服の足りないものを買い、
ヤマダ電機に、こわれてしまったイヤホンの買い替えをして外に出ると、
もうすっかり暗くなっていた。

今夜は焼肉に決めていたので、
「いざ、焼肉、家に帰らん!」と帰る。

帰るとすぐに、
「A to Z本」が届く。
ああこの本、ほんとに何かが何かすべてがぎゅーって詰まっている。
感想をブログに書くもほぼ書き終えると言う頃に、
なぜか消える…。
ま、言葉ではいい現せないくらいだぞ、ってことで…。あ~あ。

さて、気を取り直して、焼肉。
焼肉は、すごく美味しかった。
また、おねえちゃんがきたらやろう、とか言いつつ、
ここにいないものを気遣うのだった。



今夜は、
テレビ朝日で「ジンギスハン」の番組があることを、
朝、新聞で知って楽しみにしていた。
忘れずに観たが、面白かった。
番組の後半に、
ジンギスハンの冬の宮殿を発掘中の日本人達がいたりして、
それも面白かった。
チンギスハンは、
強大な国を治めつつも、
自身は生涯、ゲルと呼ばれるモンゴルの遊牧の民のテントで
生活をしたのだという。
情報網を編の目のように張り巡らせていて、
その情報力が、帝国建設の大きな力となったのだと言う。
その根の思想というものに少し触れた気がしたけれど、
頭の良さもさることながら、
心の大きさというものがなければ、
情報を活かすことはできないだろうし、
おごることをすれば、
人はついていかなかっただろうなあとか、
のん気に思いつつ観る。

どこまでも空がある
大草原の中に彼はいつも同化していったのかもしれないあなあとか
勝手に思いを馳せた。
何もない空の広さに彼はいつもうたれたんではないかなあ…とか。
一神教の神様とかとまた違うものを
あの空の下では感じるんではないかなあとか…。
[PR]
by koyomidon | 2006-11-19 07:55 | 日記