基本的に主婦。シンガーソングライター。          (画像Cherryさん)


by koyomidon
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

万全ではないけれど…。

七月十九日(木)
 おとといの夜行で長女が戻って、
またいつもの暮らしに。
体調の悪さは、思えば、最近あったのかもしれないが、
一度、悪くなると少し臆病になってしまう。
そんな臆病を克服しないと、
という感じで昨日は軽く自転車に乗ってみた。
そんな風に動いてみたら、
その後に、肩が軽くなった感じでかえって体調が良くなった気がしたので、
今日もそんな風に、
自転車に乗って、たまっていた銀行の用事などを
すませた。
用事を済ませたら、ちと気が遠くなる気がして、
途中でお昼のお弁当をパセリグリーンで買って家に帰って
食べて横になると、
なんと二時間も寝てしまった。

が、かといって、
安静にしてばかりいることがいいわけではない、
なんかあったらなんかあった時のこと、
と、老いることを受け入れていくほうがきっと良いのだと
思う。

娘が帰ってきて、
夫がなんだか嬉しそうだったのでよかったし、
(買い物やらなにやらでいそがしそうだったけれども)
真中の高三生の気がかりなことが
少し前に進み、
怪我の巧妙とも言うべきこともあって、
それはそれで、
救われるような人生の妙もある。

落ち込んだりもしたけれど私は元気です!

と、魔女の宅急便みたいな心境であります。

もうすぐ愛する甥が結婚することになり、
歌を作ってみたりしていた。
娘が家事をしてその母ちゃんはギターを弾いていたりしたのだった…。
なんとかできた。
甥の結婚式で歌ってきます。

   「しあわせ」

 この広い世界の中で
 きみと出会い
 これからを共に過ごしていく不思議。
 たくさんのなにげない
 普通の日々のきらめきの中で、
 きみと二人年を取っていく。

   大切なことはいつも変わらずにある。
   「青い鳥」のお話のように。
   僕達の父さん母さんが、
   折々に祈ったことの中に。

 一日の仕事を終えて
 家路をたどる。
 見上げると星が輝やいていた。
 まだきみと出会う前から、
 この満点の星々の中で、
 きみはきみらしく輝いていた。

   この美しい地球の片隅で
   僕達もささやかな家を建てる。
   僕達の父と母がそうしたように、
   お互いを愛しんでいきます。

   大切なことはいつもすぐそばにある。
   「青い鳥」のお話のように。
   僕達の父さん母さんが、
   折々に祈ったことの中に。

[PR]
by koyomidon | 2007-07-20 05:33 | 日記