基本的に主婦。シンガーソングライター。          (画像Cherryさん)


by koyomidon
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

雪かたずけ。

一月二日(水)
 今日はお昼頃にお客様の予定。
外に出てみると
こりゃあ雪かたずけしないとだめだなあ、
と久しぶりにスノーダンプを持って
雪をかたずける。
雪かたずけは案外面白い(というかけっしてきらいじゃないんだ、と言いたいが
言った途端に連日降るってことにでもなったら、やっぱりいやだーーーと思うから
言わないよ、雪!)
きれいにかたずくと気持ちいいんだよ。(ほんとはね、雪!)
雪よ、お前が愛しいんだよ、もしかしたら…。
雪に覆われると
この街は変わって見える。
雪に閉ざされ、雪が音を吸い込み、
雪国にここはなる。
雪、今年はこの街を覆ったんだな…。
だから
いっそう春を夢見るんだよ。


一月三日(木)
 自炊君も帰ってきたと思ったら
もうすぐまた行かなきゃならないんだなあ。
今日は、私も食べたかった餃子を久しぶりに作る。
ずっと昔、末ッこのクラスメイトに中国からの留学生のお子さんがいて
そのママに教えてもらった本場の餃子。
材料は 豚引き、白菜、生しいたけ、えび、長ねぎ、しょうが。
   フードカッターで白菜、えび、しいたけをみじん切りにしていく。
みじん切りになった白菜からは特に水がかなり出るので
適宜しぼってから具を作る。
フードカッターでみじん切りにした具財を全部あわせて塩、コショー、そして山椒を入れて
和え、ここでフライパンで別に熱した大目の油をこの混ぜ合わせた具財に
入れる。ジュッという音がして油が具財に混ざり、味のまろやかさを決めてくれるのだろうか..?
大判の餃子の皮でつつんだので
全部で七十個くらいになる。
みなで食べながら、焼き、焼きながら食べ、という感じで
食べる。
最後の一皿は流石に残ったが
またしばらくして自炊君が
「お腹一杯だけど、なんだか食べたいよね~」と言いながら
食べる。
その食べる様子が心に残った。
家で作った餃子、大変なんだけど、
久しぶりに作ってよかったなあって思った。
[PR]
by koyomidon | 2008-01-04 06:07 | 日記