基本的に主婦。シンガーソングライター。          (画像Cherryさん)


by koyomidon
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

Honey Fuzzの音楽

四月八日(火)
 koyomiバンドのBaseマンとして
編曲そして演奏構成すべてお願いしている
信頼すべき翔一君ですが、
以前やっていたバンドHoney FuzzのCDを聴いた。
今回の「桜の街」のバンドでの仕上がりの中に
彼らがやってきたことがかなりすごくいいものだろうということを
感じていた。
CDを受け取って車のカセットに入れて聴いたら
そのなんていうか、心うごめくすばらしい音楽がバーンと流れてきた。
リズムのうねりと曲構成、バンドのメンバーの高いスキルに
高い音楽性。
まっすぐ帰るつもりが八曲最後までその音楽のうねりに包まれたくて
車を走らせた。
 ギター、ベース、ドラム、ボーカル、緊張感の中に
いいものを求める真摯なリズムのうねりがあり
そして気持ちがその中に入っていくことを裏切らなかった。
こんなにいい音楽をやっていたことを誇っていいと思う。

一年前
我らがジョイポが閉じようとする時に
JKのご好意で歌わせていただいた時に翔一君もいて
それが出会いでありました。
その少し前のフェアウエル第一弾(ってあるのかどうかわからないけど)で
初めてライブで聴いた山口洋さん(ヒートウェーブ)のすさまじき
あまりにすごい音楽に完全ノックアウトだったんですけれど、
その山口洋さんが最後の方に一緒に若いべーシストと演奏して
その青年を
「彼は数年後には日本の音楽を背負っていくようなアーティストのなると思う」と
紹介したのですが、それが翔一君でした。
その後、九月に竹内晃さんのクリープスのメンバーとして
ヒートウェーブのライブの前に演奏したその音楽のうねりがかなり良くて
印象に残ったりしていました。

 私はそれでもいつもたかが音楽、
されど音楽と思っているのですが
いい音楽に力や勇気や元気をもらったことがたくさんあります。
だからそういう音楽の力を知っている翔一君やそして
ギターの渡邊君、ドラムの大川君と謙虚にいい音楽をやることができたら
嬉しいと思っています。
 レコーディングもライブもとても楽しみです。
[PR]
by koyomidon | 2008-04-09 05:20 | 日記