基本的に主婦。シンガーソングライター。          (画像Cherryさん)


by koyomidon
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

濃い日曜日

七月十三日(日)
 朝、ご飯を炊きホッケを焼いて
大根を千にきって味噌汁。鶏ネック肉のソテーにトマトサラダ、など
晩のように仕度。
しっかりゆっくり皆と食べようと思う日曜日。
図らずも三人の娘達と過ごした数日。
図らずも、いろいろと楽しいこと多し。
まったく図らずも…。
人生はまったく表裏一体でありますね。
君は言う。「家って、そういう家族だよね。」…と。
それにしても三人のいる我が家の賑やかさ。
蜂の巣をつついたみたいな…?(例えが変か…)
皆明るくて元気でいいです。
父親にとって三人は皆それぞれ一番なのです。
寡黙な父だけれどそれを皆わかっております。


ちらかった家も気になりつつ
かたずけもせず
PCの前にいたりする。
迷っていたけれども
ほぼ日刊イトイ新聞 - 吉本隆明のパソコン用DVD-ROM MP3セットを予約。
「ほぼ日」でやろうとしていることが
やっぱり面白く思う。
本とかでなくて
声で聴く、ということ。
講演をライブに行くという感覚で聴くということの面白さ、なのかなと
なんとなく思う。
そういうことの面白さを伝えてくれる糸井重里という人もすごいなあと思う。
話す口調やその全体が面白いなあって思う一人に
奈良美智という人も。
いつも面白くていくつになってもそのかっこよさは変わっていない。
もっといろいろ話を聞けたらいいのになあと思う。
今、弘前にいらっしゃって青森県美のイベントなど、
マグネットでのイベントなどいろいろと機会があるので
行く事のできる人は参加してみたらいいと思う。
NPO harappa web - 「あおもり犬」アプローチ完成記念 えさやりプロジェクト
青森県立美術館2周年記念シンポジウム
NPO harappa web - HERE IS AKICHI HIROSAKI


夕方からまた、
長女が作った牛タン焼きや
いろいろと持って家族団欒。
皆仲が良くていいです。
明日はもう次女が仙台に戻る。

夜マグネットでの
新しいメンバーでのクリープスを聴きに行ってみる。
さきちゃんをさそったら一緒に行ってくれて嬉しい。
クリープス観ていたら、後からJKとNさんも来る。
ベースがショーイチ君。
竹内晃さんがバンドでやろうとしていること。
新メンバーのそれぞれの音楽性、それが新生クリープスの音に
現れていました。
ドラムの丁寧な打ち方は好きだなあと思いました。
竹内さんのおそらく新曲かなあと思われる曲がかなり面白いと思いました。
ボーカルとしてのもっと魅力が加わるとすごいものになっていくと
思いました。
ショーイチ君のベースはその雰囲気がいつも見守っているようで
彼が見つめている音楽のカオスを感じます。
そのカオスが今のクリープスの魅力になっていくのかもしれないと思いました。
いい音楽を作りたいというカオスは時に
道に迷いそうにもなるのかもしれないし、
道しるべはその後に立ち寄ったアサイラムにて
またあったのかもしれない。
アサイラムにて
教えてもらった音楽のことや話の中には
たくさんの心に残る言葉があり
再び音楽とか表現することとかのカオスの魅力の深みを思いました。
2008年の7月13日という日は
私にとっての幸せな一日でした。
間違いなくそんな日があるものです。
なにが伝説になるのかはわからない、
本当にそういうことなのです。
[PR]
by koyomidon | 2008-07-14 22:19 | 日記