基本的に主婦。シンガーソングライター。          (画像Cherryさん)


by koyomidon
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

こんなにも明るい青い空なのに

九月九日(火)
 朝の東奥日報に地元の市議さんの訃報が載っていて
何度かお会いしてそんなには知っていると言うわけではなかったけれど
いい人だったなあと感じていたから
びっくりすると同時に
こんなにもきれいなきれいな青い空なのに
もうこの空を見るということもないのだな、と思う。
どうして死を選んだのだろう、と考えてしまう。
とにかくもうこの世にはいないのだ、ということと
このあまりの美しい空である故に悲しいように感じる。
ご冥福をお祈りします。

お昼を大切な若い友人とケララで食べて
その友人の話を聞いていて
その人の言いたい事をもっともだと思った。
よくあることなのだろうけれど
本当に筋の通ってないことでも上の立場ということで
押し通そうとすることがまかり通ることってよくあって
そういうことでやる気をもぎ取ってしまうことを
感じることもなく過ごしてしまう人間にはできるだけなりたくないと
思うのだけれども、よくあることなのかもしれないけれど
やっぱりそんな人には言ってやりたい気持ちになる。
「あなたの方が筋が通っていないよ」と。
人間関係は時にむずかしいけれど
上にたつ人間は、そのことをもっとちゃんと意識してほしいと思う。
その元で働く人間を左右することを意識できるような
大きな人間になってもらいたいと思う。
あ、そう書いていてそれはどんな場面にも言えるなって今
自分は上に立つ人間ではないけど思った。
気がつかないでしまって人を粗末にしてしまっていることが
あるかもしれない。
うん、そうだ。

ところで、ケララさんで食べた
ロコモコ、という炒飯の美味しい事~!
ケララさんはメニューも本当に豊富でどれも美味しいので
ぜひ行ってみてください。
 
その後、一緒に伺ったところが
ここ↓
f0113109_26127.jpg

美しい秋晴れの下
でもなんだか違和感なくそこにある。
縄文って素敵だ。
と言うわけで、私も縄文友の会に入れていただくことになりました。
スイッチさんの心遣いってほんとにすごいって思うのです。
光栄です。
あ、そうだ、そうしてスイッチ家の横の小川で
二十年以上ぶりくらいにメダカをみたんでした。
すごいです。
空の青さと遠くの木々と稲の緑の海原と。

夜はまた練習。
日曜のバンド練習で、
ほんとに練習しなきゃと思ったので
バンドでの練習に供えて自分のギターと歌の練習をしてまたスタジオに向かう。
今日は全員参加。
でも本当に今、それぞれの仕事がきつい中も
こうして集まってできることの貴重さを思う。
ほんとにどうして
こんなにバンド練習は楽しいんだろうなあと思うのですが、
自分はほんとにたいしたことなく
他のメンバーの音を聴いているだけで
もしかして私は幸せなのかもしれないと思ってしまうくらいなのだけれど
全体として、自分の向かいたい音楽になっているかっていうことを
意識することは忘れてはいけないと気をひきしめる。
そして、向かいたい音楽が心の中に見えていることなんじゃないかな、と
また思う。
心が音楽という宇宙と解け合っていくっていうこと。
崇高な感覚。自分はどんどんどんどん小さく小さくなっていきます。
[PR]
by koyomidon | 2008-09-10 19:47 | 日記