基本的に主婦。シンガーソングライター。          (画像Cherryさん)


by koyomidon
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ:お知らせ( 82 )

ブログ移動致します。

少し重くなってきたので
同じエキサイトブログですが、移動することに致しましたので
下記↓にブックマークの変更をお願い申し上げます。
やっぱりkoyomi丼のご飯です! 

[PR]
by koyomidon | 2012-11-11 09:55 | お知らせ

飲食サザンカフォート

もう二年前になってしまうのですが
一緒に音楽と朗読劇「hirosaki」をやらせていただいた
 劇団「サザンカンフォート」さんが、
 十月十六日から
飲食サザンカンフォート(のみくいサザンカンフォート)というお店をはじめられたみたいです。

十二日にご招待くださっていってきました。
二階もあってあがっていくと
照明の装置などもあって
素敵なライブなどもできる空間が広がり
劇団の皆さんがあたたかく迎えてくれました。

他にもたくさんのお客さまが
さざかんさんの手作りのお料理などのもてなしに
とてもわきあいあいとリラックスした雰囲気で楽しい時間を過ごさせていただきました。

ランチもあるということで
劇団リーダー清水司さんとお母様の美味しいお料理と
もう一つのお顔であるお笑い「山田八木橋」さん達や
劇団の多彩なメンバーさん達や
いろんな面白そうな美味しそうな飲食やさんですよ~。

中三デパート斜め向かいの立体駐車場の土手町側でないもう一つの入り口の
向かい側にあります。
赤い清水氏自ずからの手書きの看板が
大変印象的です!

私もランチがあるのも嬉しいなあ。
さっそく末ごろにはお笑いライブもあるみたいですね。
是非行ってみてくださいね。

司さん、気合の入った髪形ですね。
(まったく怖くないですから~~~)
f0113109_17222487.jpg

[PR]
by koyomidon | 2012-10-17 17:03 | お知らせ
十月二十六日(水曜日)

本日夜Ustにてミニ丼グラン丼ジャポンのイベント中継を観る事ができます!
USTREAM: MINI-DON GRAND-DON: ミニ丼グラン丼ジャポン 

このイベントは
弘前にも縁深い着物作家のやまもとゆみさんが
ずっと心の中であたためていたイベントなのです。
九月にパリでも好評を博したイベントで
東京版が今日二十六日(水)に「サラヴァ東京」で開催されます。

 ミニ丼. グラン丼. ジャポン
 MINI-DON. GRAND-DON. JAPON
 2011年10月26日(水)
 18:30 OPEN / 19:30 START
 ... Adv. 2,500円(+1 drink order)
 Door. 3,000円(+1 drink order)



『ミニ丼 グラン丼』の由来はフランス語による募金という意味のdonにかけて、小さい募金でもたくさん集まれば大きな募金になるという意味なのだそうです。
本当に
一人一人が
何かできることをずっと考えているということに
あらためて心打たれます。
Ustでの観れるんですね。
嬉しい。

ゆみさんのブログ:10月26日 ミニ丼グラン丼ジャポンへ!
を読むとゆみさんの思いが伝わってきます。

このイベントに参加できる方はぜひぜひお出かけください~。
きっときっととても心に残るものとなるんじゃないでしょうか。
と、
書いていると参加したかった思いがつのってくる~。
[PR]
by koyomidon | 2011-10-26 10:27 | お知らせ

福島キッズへの取り組み

十月十二日(水)
2011ふくしまキッズ夏季林間学校の映像が公開されました。

この映像を観て
福島の子供達の表情に胸があつくなります。
子供達、ほんとにかわいい。
北海道での夏を終えて福島に戻ってきて
出迎えた親御さん達と無事に再会など、
自分も親としてこみ上げるものがありました。
いろいろな思いで子供達を送り出したのだろうと思いますし
無事終えられて本当によかったです。
活動を支える多くの方達のことを思いました。
そして
たくさんのかけがえのない出会いがあったのだろうなあと思いました。
お疲れ様でした、そしてありがとうございました、
またどうぞよろしくお願い致します、とつぶやいていました。

3.11以降の世界は大きく変わってしまいました。
その日からもう七ヶ月が過ぎましたが、福島の状況は相変わらずに深刻です。
そんな中でも
少しずつ除染なども進んではきたり
また様々な前を向こうという取り組みが行われています。

とりわけ子供達にとってこの状況を思うと
考えることをやめてはいけないと
何かできることについて、胸の奥でいつも考えてしまいます。
きっと誰もが模索し葛藤しているのだろうと思うのですが
そんな中でも大きなプロジェクトに取り組んだ方達がいました。
そのことをはじめて知ったのは、
敬愛してやまない大好きな作家、田口ランディさんのブログででした。

福島の子供を守ろうプログラム実行委員会
今後五年はこの取り組みをされていくということで
心から応援と自分も勉強をしていかなくてはという気持ちになります。
友人の山田スイッチさんを通してある日、
「koyomiさん、曲作ってくれないかなあ」と言っていたよ、という
ランディさんからのメッセージをお聞きし、何か、
心が振るえました。
ランディさんも支援委員をされているこのプロジェクトへの
応援の曲。
正直に言いますと
自分の福島への思い、というか怒りのような悲しみは
こういうことになってはじめて原子力発電のことに自分は無知であり
そして本当に重要なことであったのに目をむけることをしないできたという自分に対しても含めて
いいようのない悲しみにどんなことを
自分は言えるのだろうと思っていました。
どんなことを歌うことができるのかなあ、と。

自分の子供達のことや
自分が子供だった時のことや
当たり前にあった福島の自然のことやら…。
三月十一日の震災からは
胸が押しつぶされそうになることも多い日々です。
でも人が生きていくということの中で起こることの中で
自分は何を学んできたろうか、
そして、そうだいつも
マイナスの苦しいことの中からむしろ
学んだことも大きかったことなども思いました。

なんとか「フクシマ」という曲を送らせていただきましたが
映像の中で使ってくださって
何か少しでもお力になれたのだとしたら嬉しいです。


私は福島が大好きで
本当はやっぱりもとのような木々や、四季や実りの豊かな福島に
戻ってほしい、
でも今はもうそうじゃないという悲しみが
常に自分の中にあるのです。
この現実の中から
本当に希望の灯火というものをころびがらも歩いて見つけていこう。
たくさんの心ある人たちがまた見えたり見えなかったりしながらも
共に歩いているんだと思うのです。


そして、それにしても
子供達のかわいさに元気をもらいます。
次の冬休みへの取り組みにもう向かっています。
[PR]
by koyomidon | 2011-10-13 07:51 | お知らせ
九月二十三日(金曜日)に鳴海要記念陶房館で
縄文友の会のイベントがあります。
田口ランディさんの朗読と雪雄子さんの舞踏があります。
雪さんの舞踏というのは
なんどか観させていただいたのですが
観ているうちに自分がどこにいるかわからなくなっていって、
時間と空間の不思議な間に連れていかれます。
赤ん坊になったらこんな感じなんだろうなあというような
なつかしさとともにどこか痛みを伴って帰るというような感覚になったり
いつの間にか涙があふれてきたりするのです。
舞踏というもののすごみをぜひ一度体感していただきたいと思います。

そして、田口ランディさんの朗読。
それを私は本当に楽しみにしていました。
ランディさんの声を待ち望んでいる自分というものを
どうしても思っています。
言葉というものの力というか
もちろんその書いてこられたものに
いつも自分の中のわからないものへの答えを与えていただいてきました。

それらの文字をみるということもさることながら
ランディさんの肉声からそれが伝えられるということはまた
特別なことなのです。
ランディさんの肉声を
この耳から身体に通していくこと、
それを心からこんなにも待っています。

今回、思いがけず
その朗読に
ギターとカリンバの音で参加させていただけることになりました。
スイッチさんにご連絡いただいた時は本当にびっくりしましたし
そして光栄でした。
ギターとカリンバ、頑張ります。
ランディさんの世界がたどりつくところは本当に優しく深い。
ぜひいらしていただきたいです。

田口ランディさんのブログでの記事と
縄文友の会秋のイベントin青森
山田スイッチさんのブログからです
ディーパ 大海のなかの島に立つように


f0113109_17463517.jpg

[PR]
by koyomidon | 2011-09-19 17:29 | お知らせ

春祭 

f0113109_21445322.jpg


f0113109_21271936.jpg

お着物作家やまもとゆみさんが三月五日土曜日の
「春祭」のDM作ってくれました。
そして、
ホームページも~
「春祭ホームページ」


やまもとゆみさんのブログで紹介されています。

ほんとにかわいい楽しいイベントになりそうです。

私も新曲、
来週録音します。
できたら、ライブにいらしてくださった方に
手作りでほかほかのCDお渡しできたらいいなあと思って頑張ります。

久しぶりのライブ、ぜひいらしてくださいませ。
[PR]
by koyomidon | 2011-02-08 17:31 | お知らせ
十月八日(金)

昨日のアサイラムでのライブ終えました。
水野さん、やなぎさん、お二人のライブ、とてもよかったです。
ギターとかバイオリンとか
旅をすることの日常が多いと言う二人のそれぞれの
味があり、音楽の深さとかジンと沁みました。
いい時間でした。
ご一緒させていただいて光栄でした。
次回また機会がありましたら、
それまでまた少しずつ自分なりに頑張っていたいなと
心ひそかに思いました。
良いツアーでありますように。

アサイラムでは
聴きにきてくれた皆さんありがとうございました。
また声をかけてくれた
アサイラム浩さんもありがとうございました。
紅玉のりんごを煮たのをたべさせてくれた…。
暖かい雰囲気の中でライブさせていただき本当にありがとうございました。


そして、来週に迫った朗読と弾き語りの「hirosaki」の
夏 の曲、劇団サザンカンフォートのHPから聴くことができます。
この「hirosaki 夏」ではじまります。
ぜひぜひ、観にいらしてくださいませ。
『hirosaki』
[PR]
by koyomidon | 2010-10-08 13:01 | お知らせ
f0113109_19364476.jpg

九時半まで~。
新アルバム「言葉にならない、笑顔みせてくれよ」も含めて
岸田氏と佐藤氏の二人の会話が不思議だす~

今度のニュウアルバム

言葉にならない、笑顔をみせてくれよ(初回限定盤)(DVD付)

くるり / ビクターエンタテインメント

「言葉に~~」は
発売と同時にヘビーローテーションで聞いていて
本当に
あいらぶくるり、を再確認しているすばらしいアルバムです。
本当にいいです。
大好きだなあ、やっぱりくるりは本当にいい。

そうなんですよね、
今岸田さんが
何のCDかけようか、って言って
最近ローリングストーンズしか聴いてへんから…と言いつつ
まあ、ローリングストーンズかけてもなあ、ということで
すごくいいというOGRE YOU ASSHOLE
のCDをかけていますが
これ説明したくないくらい凄いですよ、と言いつつ
五曲くらい入ってるアルバムを聴いてるんだけど
アイディアが十五曲ぶんくらい入ってるねん、って言ってたり、してますが…。
私も最近
聴いてるのが「くるり」か
そして、久しぶりに聴いた
ローリングストーンズの「biggerbang」がほんとに良くて
よく聴いていて。

A Bigger Bang

The Rolling Stones / Virgin


ローリングストーンズ、だあ

今、録音はテープにしております。
今乗ってる車が
テープ聴けるんだす。
テープ、っていいですよね。
と思っていたら、
岸田さんもテープに強い思いがある、っと。
ふむふむ~。

岸田さんの
ユーミンのしゃべりのまねが~~~笑

温泉話や



そして、終了するところですが
おもしろかったーー!
暑い夏が終わって秋になって
食べるものがおいしくて
気をつけないと~、と言っています。

「麦茶」の曲で締めです。
が、
本当に
この頃、私もご飯が美味しくてしかたがないんで
気をつけないと~、私も…。
来年一月にはくるりツアー開始だそうです。
青森は29日かあ…。
が、この時期は
厳しそうだなあ…。
[PR]
by koyomidon | 2010-09-26 19:36 | お知らせ

ライブとお芝居。

九月二十四日(金)
更新が滞ってしまいました。
そうしているうちにすっかり寒いくらいになり、
昨日なんてもう外を歩くのにコートがあってもいいくらいでした。
急な秋の到来。
忙しい毎日を過ごしていて書きたいことがありすぎるほどだったんですが
書かないままに日が過ぎてしまいました…。
大切なお友達の皆さんのかかわっている
イベントやライブなどたくさんあったのですが
どれも行けなくて、さみしさと申し訳なさと在ります…。


十月は久しぶりにライブが二つあります。
一つは敬愛してやまないJKのお店「アサイラム」にて。
10月7日 木曜日です。


水野たかしさん
やなぎさん
そして私です。


open 18:30  play 19:00

ticket ¥1500(1 drink付き)

水野たかしさんは昨年の夏にもご一緒させていただいたのですが
ギターも歌も味があってとてもいいです。再会が楽しみです。
やなぎさんははじめてですけれど
ユーチューブで聴いてみてすごく楽しみになりました。
私も、ちょっと緊張してきましたが
楽しんでいただけるように練習と創作を一生懸命やっています。
秋の夜、アサイラムのレトロな雰囲気の中
ライブを楽しみにいらしてください。


そして
十月十六、十七日は
劇団サザンカンフォートさんとのお芝居と弾き語りという
試みで、デネガでやります。
これに向けて
自分なりの模索と想像を膨らませつつ清水さんの台本や
劇団の皆さんとの時間を過ごしつつ
新らしく曲を作っています。
正直に言いますと、聴きにきていただきたいなあと思える
曲に仕上がってきています。
また
新境地なトライをさせていただけることが
大変なんですが
楽しくてしかたがないです。
ぜひぜひ、この日だけの空間と時間を楽しみにいらしてください。
ポスターデザインは川村さんです。
やっぱり素敵ですね。
それぞれが最終段階に向けて集中しているところです。
f0113109_6284930.jpg

[PR]
by koyomidon | 2010-09-24 06:25 | お知らせ
7月25日(日曜日)
雪雄子さんの舞踏公演「復活」がデネガにてあります。
「復活のこと 雪雄子とあの世界」として
スイッチさんがブログで書いておられます。

雪さんの舞踏は何度か観ることのできる機会に恵まれたのですが
三年くらい前にその舞台を観た時に私も感想を書いていました。
雪さんの舞踏

今年の二月には青森で
スイッチさんのイベント
「田中忠三郎先生とBOROを語る対談」があってこのイベント自体も面白かったのですが
その日の
雪さんの舞踏がまた凄かった。
次の日
朝、眠りから覚める頃に残った夢とも現実ともつかぬ中で
詩を書いていました。

舞踏 百年の布

スイッチさんは
いつも刺激的な出会いをくれるのですが
どうしてだか心の痛みというものに敏感な人のように感じます。
そんな時にスイッチさんは取り立てて何かを言うということではなく
どこか暖かいものをいつも私はいただいてきたように思います。
彼女の視線なのかもしれないですね。
端っこのほうでしかかかわれないのですが
大切に思う人です。
大切に思う人があるということは幸せなことで
素直にかかわれることもなぜか歯車がずれてしまうこともあるんですが
そんなことがすべて生きてるからなのでしょう…。
雪さんの舞踏は凄いんです。
それは確かに凄いんです。

ぜひお時間のある方は
デネガで観てみてください。



雪雄子 舞踏ソロ「復活」再演のお知らせ




日時 2010年7月25日(日) 午後3時~

場所 弘前 SPACE DENEGA
料金 前売り 3000円 当日 3500円




前売り券販売

紀伊国屋書店弘前店 スペースデネガ 名曲喫茶ひまわり

カリ・マハラジャ うどん十兵衛




SPACE DENEGA

036-8013
青森県弘前市上瓦ケ町11-2
TEL 0172.32.1794

[PR]
by koyomidon | 2010-07-23 08:32 | お知らせ