「ほっ」と。キャンペーン

基本的に主婦。シンガーソングライター。          (画像Cherryさん)


by koyomidon
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

カテゴリ:音楽活動( 8 )

樹木図鑑

f0113109_17584326.jpg

いろいろと樹木というか
植物、花、葉、その形態などを観ています。
これまでの人生でこんなに植物のことを
いいなあと思ったことがなかったのですが、
この植物という生態系は面白いなあと思っていた矢先
十月に劇団サザンカフォートさんとのコラボの打ち合わせを先日の土曜日に
して
なぜか今の自分の気になっていたものとリンクしていくという
何か縁のようなものを感じたのでした。
科学は心を救ってくれます。
そんなものを歌にしたいと思う日々は自分を救ってくれます。
演劇と歌と植物図鑑を観る心は結びつけるだろうか?
そして、それはどんな風に伝わるんだろうか…?
十月に向けてやらせていただけることが本当にありがたいです。
頑張ります。
[PR]
by koyomidon | 2010-07-19 17:58 | 音楽活動

今年のバンド初練習

一月十三日(火)
 今年初のバンドの練習がありました。
練習に行く前はなんだかやっぱり嬉しくて
どうしてこうも楽しい気持ちになるんだろうなあって、
好きな部活動へ行く時の気持ちだなあと思いながら、
久しぶりの音合わせをしました。
 まず昨年二十日のライブでやった 
 「Sanriku Railway」「Lonely Windy Night」「ばらの花」
 「お休みの日あなたと」「僕の恋」
 「桜の街」「絵本のように詩いたい」の七曲を通してやってみました。
今、思うとライブまでのそれぞれの大変なスケジュールの中で
よくこれだけ仕上げてきてくれたなあとあらためて感慨深く思いました。
こうして、集まって、できる曲が何曲あると楽しいし、
またあらたなフレーズを考えたりしながら
曲というのは進化し、またバンドとして少しずついい感じになっていくだと思いました。

そうして
新曲にもトライ。
今年のkoyomiBANDはどういう方向で行こうかなあと
一人(よがりかもしれないけれど?)考えていて、
そういうこともあって、曲を作ったのだけれども、
この曲はこれから、うまく仕上げられるかどうかトライ的な曲でも
ありますし、自分の中でもコード進行の新展開やリズムのことなどを
それなりに試しつつの曲でもありました。
私はバンドのみんなへの絶対的信頼を持っており
きっといつもそうだったように
そうくるかあ、というようなフレーズで仕上げてくれるのではないかなあと
思っています。
やっぱり、これまでもそうだっただけれど
モチベーションというか、少しでも刺激のあるトライ的な
ことをしていきたいという思いがいつもあって、
面白いと思える瞬間がないとなあと思っています。
どんなことにも言えると思うのですが…。
自分の中ではちょっと今までとは違う部分も随分取れいれたつもりなのだけれど
自分の中でもまだ仕上がっていない部分も多々あって
すみませんという感じでもあり…。
どうかな?と投げかけて
それを修正していったりすることを恐れず
自分もいろいろ聞く耳をもっていきたいと思います。
そうしていい感じに前にすすんでいけたらいいと思うのです。
バンドの皆がどう思ったのだろうか…。
もっともっと音合わせをできたら嬉しいなあと思いつつ、
本当に二時間半はあっという間に過ぎてしまって自分でもびっくりしました。
バンドって、本当に楽しくて
バンドは「バンド」としかいいようのない不思議な仲間なのですね。

c0156487_14534267.jpg

koyomiBANDの暮に完成した音源「Sanriku Railway」ですが、
こんな風に形になっていってそれが逆にモチベーションを高めてくれたと思います。
この曲は確実に音作りに深みを増して
完成度が高い音源となったのではないか思っています。
koyomiBANDのこれからがまた楽しみな音作りへのきらめきを
感じることができて、今年これからの活動への覚悟と楽しさを思って
わくわくしています。
課題はまだまだありますが、楽しい。
ジャケットの絵はアルバム「絵本のように詩いたい」の絵も描いてくれた
松村早希子さん! 
Sakiko Matsumura : 「Sanriku Railway」koyomiBAND 発売中!でも
インフォメーションしてくれています。

そして、何より嬉しい事は
この「Sanriku Railway」が当の三陸鉄道さんの各駅で発売されることになったことや
今年二十五周年を迎えるということでこの曲をとても大切に思ってくれているようで
特に岩手県のマスコミやメディアにこれから宣伝されていくようです。
今のところFM岩手さんや、読売新聞の宮古支局、岩手日報さんなどに
取り上げていただくようで
随時ここでも報告をしていきたいです。
[PR]
by koyomidon | 2009-01-14 14:56 | 音楽活動
十月十三日(月)
 今日から荒井良二さんの個展がharappaギャラリーで開催されます。
昨日少しだけ展示しておられるところに行ってきました。
絵本は読んでいたのだけれども
原画を観るのははじめてでした。
はじめてその原画というか絵を観て
何かその、
絵本とは違う生々しさ、という言い方は少し変かもしれないのですが
すごさというか世界観というか
とにかく、実際に観に行ったほうが絶対良い、という思いを強くいだきました!
ぜひぜひこの機会にお時間を作って荒井良二さんの世界に触れて下さい。

 「日常じゃあにぃ」荒井良二の展覧所 

あらためて
オープニングイベントでのライブをさせていただける機会を下さった
harappaさんに感謝申し上げます。
そして、荒井さんともはじめてお会いできてご挨拶させていただいたのですが、
緊張をほぐしてくださるように「どんどんやっちゃってください。もうどんどん。」と笑顔で
声をかけてくださって嬉しかったです。
せいいっぱい楽しんでそしていいライブにしたいと強く思いました。

荒井良二さんの絵世界に囲まれてのライブなんて
なんて素敵な出来事なのだろうと思います。

多少変わるかもしれませんが
七曲ほど歌わせていただきます。
最後の曲は
荒井さんの絵本の世界と心の動きとがリンクして仕上げた曲です。

ぜひぜひお時間のある方はいらして下さると嬉しいです。
ではharappaで。

「koyomiの歌暦」(北国の季節を日常じゃあにぃしてみます。)
1、あきかぜ
2、ダイヤモンドダストの雪の夜は
3、桜の街
4、りんごの花の頃さみしくなる
5、遊ぼう!
6、Light Blue
7、絵本のように唄いたい
[PR]
by koyomidon | 2008-10-13 04:10 | 音楽活動

カフェケララにて

八月二十七日(水)
 ケララライブに集って下さった皆様
おいでくださって本当にありがとうございました。
二時間を一人で弾き語りをするというのは
私にとっても初のトライでしたが、
気がついたら、あっという間に二時間が過ぎていたというくらいに
楽しくさせていただきました。
 途中、間違ったところもありましたし、
まだまだだなあと思うところも多々ありましたが
なんとか最後まで勤めることができたのは
集って下さった皆様
そして、ケララの皆様の行き届いた心遣い
harappaのお二人
また暦々舎村の皆さんのおかげだなあとしみじみ思っています。
ケララさんのスペースの心地良さの訳が
なんとなくわかった夜でした。
十六周年記念ということでしたが、
これからももっともっと続いていってほしいと思いました。

なんというか、あと私はもっと
ギターを掻き鳴らしたいのだ、と思ったのでした。
まだまだ故にこれからです。

本当にありがとうございました。

f0113109_1804356.jpg

(画像提供チェリ丼)


 
[PR]
by koyomidon | 2008-08-28 05:43 | 音楽活動

前を向いていく。

五月二十三日(金)
 楽しかった。
すばらしいメンバー。
どうしてこんな素敵なメンバーと一緒に音楽をやれるのかな、と
幸運の神様に花束をささげたいのでありました。
「桜の街」のイントロが流れてきた時に感じた
あの前を向いていく感じが確かにkoyomiバンドにはあって、
そのことをこれから、形にしていく。

久しぶりに「桜の街」で肩ならしをして、
新曲二曲に着手。
まずまずのスタート、
そうしてまたいろいろとこれから
作り上げていく余韻と手ごたえを確かに感じる。
でもこれからだ。
謙虚に一生懸命にやれることを。
そして日々を。

十日くらい前からとうとうエレクトリックギターの日々も過ごしています。
縁があって、私のところにきたギター。
毎日弾いていて愛しい私の宝物。
前を向いていくのだ。
心はそう言っている。
行くぜ!
f0113109_5461654.jpg

[PR]
by koyomidon | 2008-05-24 05:46 | 音楽活動

「桜の街」 koyomi Band

四月二日(水)

koyomi Bandとしての初練習。
第一回目にして完成度高くてどきどきしました。
バンドの「桜の街」は
溢れ返る桜と風と空と旅立ちを
疾走感の渦の中に巻き込まれるように仕上げられています。
これ、生で聴いたらきますよ!!
そして、もちろんCDにします。

バンドのデモを何回も聴きましたが
何回聴いてもいい。

koyomiBand
メンバーは
ベース 成田翔一(アレンジ) 
ギター 渡邊勇太
ドラム 大川悠太
ボーカル&ギター koyomi
です。
今は「桜の街」一曲だけなんですけれども
縁があればまた機会はめぐってくるものだろうと思います。
翔一君のアレンジがすばらしくいいんですね。
翔一君はじめ
彼らがやってきたことがあってのこの音楽だなあと
感じることができて嬉しかった。
[PR]
by koyomidon | 2008-04-02 21:11 | 音楽活動
f0113109_7442535.jpg

七月二日の月曜日、
百石町展示館の中にある『甚兵衛(じんべい)』さん
という名のカフェの主催で、
「洋館de気軽にフランス料理」というお食事の会が開催されるのですが、
そこでのお食事をいただいた後に三十分ほど、歌わせていただくことになりました。
いよいよ、明後日に迫りましたが、
とても楽しみにしています。
どんなお客様との出会いがあるのでしょうか。

自分の曲も歌いますが、
今回は他のアーティストの方の曲を
何曲か歌おうと思っています。
歌っていてとても楽しいです。

なんといっても、
『甚兵衛(じんべい)』さんはかの「レストラン山崎」でやっているカフェ。
地元の食材なども使った美味しいフランス料理を
五千円で楽しめるのですから、嬉しいですよね。
美味しいフランス料理を楽しまれた
余韻をこわさないよう、
いらして下さったお客様との楽しい時間にしたいと思っています。
よろしくお願いします~。
[PR]
by koyomidon | 2007-06-30 06:26 | 音楽活動
五月四日(金、みどりの日)
 
 二日のライブは無事、終了致しました。
いらして下さった皆様、
遠路はるばるいらして下さった知人の皆様、
お手伝いしてくださった皆様、
いろいろと支えてくださった皆様、
本当に本当に、ありがとうございました!!!
たくさんの方々に、本当に力をいただかなければ、
二日の日を迎えることはできませんでした。
言葉では言えないです。

でも、終わると同時にそれはまた次への始まりなのだなあと
反省ばかりでもあります。
もっと、歌いこみ弾きこむことであります。
JKも言っていたけど、
次のほうがもっともっと大切なのだと思っています…。

そして、
歌を作ることへの思いの核を確かに感じる胸の奥(字余り)、
なんでありま素。

とにかく、桜は満開を過ぎました~。
後は散り行く桜かな…。
でも私は新緑の頃もとても好きです。
夏も秋も、冬も好きです。
それぞれの良さがあります。
と言いつつ、
何言ってんの?
って申しますか…


ライブの感想を寄せてくれれば嬉しく思います~。
[PR]
by koyomidon | 2007-05-04 07:36 | 音楽活動