基本的に主婦。シンガーソングライター。          (画像Cherryさん)


by koyomidon
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ:日記( 620 )

-

f0113109_1894796.jpg

今年もバラが咲きそうです。雷雨の後
まだ一輪だけ
[PR]
by koyomidon | 2012-06-09 18:09 | 日記

-

f0113109_5433089.jpg

熟睡!ほんとに熟睡している猫!
[PR]
by koyomidon | 2012-05-29 05:43 | 日記

-

f0113109_8202551.jpg

太陽の前を月が通り抜けていくんだなあ〜って感じます。もう直ぐ元の太陽に
[PR]
by koyomidon | 2012-05-21 08:20 | 日記

-

f0113109_7212549.jpg

もう三日月みたい!
[PR]
by koyomidon | 2012-05-21 07:21 | 日記

-

f0113109_732061.jpg

大分欠けてきた〜!
[PR]
by koyomidon | 2012-05-21 07:03 | 日記

-

f0113109_12573976.jpg

ほぼ日チーズケーキ、焼けた〜。美味しそう〜
[PR]
by koyomidon | 2012-05-20 12:57 | 日記
五月十九日(土曜日)
澄んだ空気の本当に気持ちの良い日でした。
やっと納骨の日を迎えて
義母はお墓に入りました。
娘三人を代表して長女が朝一の新幹線で来て
夫と義妹と四人でしたが
お墓へのおばあちゃんを見送りました。

久しぶりの再会をまた次の若い世代のものが見つめるのは
良きことだなあと思う。
祖父母と父母と叔母のそれぞれの人生へも含めてのそして
これからも含めて
また一年とも言えない成長した娘に育っていることに
私はやはり希望の灯りをみるように思って
心の中で義母に「ありがとうございました」と見送る日と致しました。

午後の昼下がりに
娘に「何が食べたい?」と聞くと
「普通の家の食事かなあ」と、、、。
ということで、今庭にある蕗やみずやたらの芽やらを採って
下ごしらえして
明日は帰る娘に
そして、
集えたみんなでの食卓に上げました。

秋田蕗の肉詰め
f0113109_7152082.jpg

京蕗の炒め煮
f0113109_7152010.jpg

みずとタラの芽の天ぷら
f0113109_7152037.jpg

みずの漬物
f0113109_7152056.jpg

[PR]
by koyomidon | 2012-05-19 22:15 | 日記

-

f0113109_78715.jpg

今日はやっと義母の納骨ができます。 仲よかった義父のお墓に。
[PR]
by koyomidon | 2012-05-19 07:08 | 日記

-

f0113109_17563222.jpg

庭のチューリップ。
[PR]
by koyomidon | 2012-05-15 17:56 | 日記

義妹と語る語る

五月十一日(金)
夫の妹は本当に面白い。
経済の分野からのものの見方はとても面白い。
優れた感覚と本当に日々培ってきた勉強に裏打ちされていなければ
発することのできない言葉です。
彼女はこの分野で
真剣に取り組んできて特筆した本当の力を得てきたのだなあと思います。
そして、
愛すべき素朴な魅力があります。
きっと良き未来へと繋がっていく日々となるように
結局はそういうことであがいているんだよねと思う。
夫が会合で二人で晩御飯。
塩麹をからめて一晩おいた鶏胸肉が本当においしくてよかった。
我が家は食べ物が美味しいとなんだかすべて良しというところがあるんだよね。
f0113109_454584.jpg

義妹の好物のカトーを煮付けたものと、地物野菜の新鮮なアシタ葉の炒め煮やら
ほうれん草のお味噌汁やら。
f0113109_454511.jpg

何時間お話をして過ごしてるだろう~。

という中に
上の娘から送られたきたグラス。
この娘も正採用が決まり、なんだかきっとそんなことなんだろうと思います。
きれいな色のきれいな対の切り子のグラスです。
f0113109_454593.jpg

お父ちゃんと二人でこれからも仲良く晩酌してね、っていうことみたいです。
本当に今は
猫と三人とはいえ
二人でのみ晩酌ですから。
そういうの子供達としては嬉しいようですね。
最近あらためて気がついたのは
本当に私は考えたり感じたことを連れに話しているんだなあっていうことです。
帰ってくる言葉にまた考え直したりわかったりすることが多いなあと思う。
歌うことも誰よりもしっかりとやりなさいよ、と口にはしないけれど
思っているように思います。

明後日はまた別の親戚の方が訪問してこられるし
明後日からは我が家の離れにて
津軽祭り囃子の人たちが練習を再開するし
また今年はそれぞれの秘めた思いに向かっていこうとしている、
という感じでもあるのだろうなあ…。
年をとったからまた感じる豊かさのようなものがあるよ~。
[PR]
by koyomidon | 2012-05-12 04:54 | 日記