基本的に主婦。シンガーソングライター。          (画像Cherryさん)


by koyomidon
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

カテゴリ:書き留めておきたいこと( 27 )

ふくしま新発売

ふくしま新発売


このサイトをみていると、じーんとします。
ふくしまの当たり前にある景色が脳裏に浮かんでくる。


ほぼ日刊イトイ新聞 - 東北の仕事論。 郡山 ふじた農園 篇

ほぼ日、ってやっぱりすごいなあ。
ありがとうございます。
[PR]
by koyomidon | 2012-07-17 06:26 | 書き留めておきたいこと

[PR]
by koyomidon | 2012-05-28 11:24 | 書き留めておきたいこと
2012 5月
先日の食卓にあげた裏庭のミズと一緒に天ぷらにしたタラの芽。
f0113109_624926.jpg

庭にあるタラの木から収穫したものです。
今年嬉しいことに株が一本増えて三本になっていました。
f0113109_624960.jpg


毎年タラの木は冬になると
地上部分が枯れてしまうのですが
冬が過ぎて春になるとまた葉を伸ばしてくれます。
今年は三本の株に。
土の下でその根が元気で少しずつ大きくなっていてくれているようです。
このタラの木は父ちゃんのタラの木です。
父ちゃんはまだ元気で一人暮らしを自分でちゃんとやってます。
今かたずけないといけないことがうまくすんだら
父の顔見に帰ろう福島へ。

父ちゃんがたらの木を
たらの木その後
[PR]
by koyomidon | 2012-05-24 05:58 | 書き留めておきたいこと
五月五日(土)
  いつものことだけれど晩御飯後にテレビなんか見ながらおるうちに
寝ちゃって起きたら
いろんな人がスーパームーンのことをつぶやいていて
「そうか~」と窓を開けると
ほんとにすばらしい見事なお月様が煌々と光を放って空にぽっかりありました。

真ん中の娘に声をかけて二階のべランダの窓からまた眺めて
「ほんとだ~」と二人うっとり眺めたスーパームーン。
そして、きしくもその頃に日本国内の原発の稼動がすべて停止したのだという
思いが胸にあり、さらにその日が子供の日なんだなあという思いと同時に
そんな夜に輝いたスーパームーンがなんだか象徴的な気がしました。
心に刻めよ、というように思いました。

さまざまな思いとこれからの困難も思われつつも
こういう夜があったことは心にとどめておこうと思います。
なんていったらいいかはわからないのだけれど
忘れていたような気がするけれど
天界のほんの一端に住まいする人間に
ぽっかり晴れた優しい不思議な夜のあったこと。
お月様が日本国を照らしたこと。
[PR]
by koyomidon | 2012-05-05 23:50 | 書き留めておきたいこと
最近になって福島の状況への希望の見つけられるようになってきました。

ずっと福島とともに歩いてきてくれた木村真三さんや早野さんなどの
科学者さんの真摯な言葉は胸に届いてきます。

木村真三さんが今の福島について、大変丁寧に話をされています。
何回も自分は観ると思います。

[PR]
by koyomidon | 2012-05-02 15:18 | 書き留めておきたいこと

福島キッズについて

いろいろな方達が福島の子供を守ろうプログラム実行委員会の取り組みについて思いを書いています。
福島キッズの取り組みのことを知ることができるかもと思います~。
ぜひ読んでみてください。



田口ランディさんのブログ
みなさん、ほんとうに、ありがとう!「ふくしまキッズ夏季林間学校2011」が無事に終了いたしました

毎日新聞の毎日新聞社論説副委員長の与良正男さんの新聞コラム
熱血!与良政談:ふくしまキッズ


そして、
山田スイッチさんも。
ふくしまキッズ 夏期林間学校

このプロジェクトは
本当にたくさんの人達がかかわってはじめて成し遂げられたものなのですね。
いろいろなことを想像すると
これだけのプロジェクトを民間の人達で成し遂げたことに感動いたします。

できることはあるし
多くの人達が力を合わせれば動くこともあるということは
その道のりは大変であっても
福島の今の状況から希望の明かりを見つけられたらいいと思うのです。
[PR]
by koyomidon | 2011-10-18 10:40 | 書き留めておきたいこと

思っていることを

口にしてみるとあらためて
随分、わがままな横柄なことを思っているものです。
全部言ったら傷つけるよね。
[PR]
by koyomidon | 2011-01-02 06:11 | 書き留めておきたいこと
1:掃除、かたずけをして、
部屋をきれいにする。


2:ペンを持って書くことをする。
プチ勉強をする。
[PR]
by koyomidon | 2010-12-19 07:01 | 書き留めておきたいこと
八月二十三日(月)
かねてより大変楽しみにしていた
川口淳一郎教授の講演会に行ってきました。
f0113109_5225477.jpg

f0113109_5225417.jpg

これは弘前市が作った「はやぶさ」の模型だそうですが
f0113109_553275.jpg

講演の中で川口教授は
「はやぶさ」が小惑星いとかわを離れる時に
おそらくこのようにしなる感じで飛び立ったのではないか?と
そう想像できますが、そう思うと
とてもよくできていると思います、とおっしゃていました。

講演会は
川口教授の出身校である弘前高校の放送部の司会進行で進められたのですが
この若い子供達の司会進行がまたとてもよかったです。
講演に先立って
弘前市民栄誉賞の授与式が行われたのでした。
川口教授は時敏小学校、第一中学校、弘前高校を経た
弘前出身の方であることを知った時は驚きとともに
やはり嬉しかったです。

一般の私とかにもできるだけ
分かりやすいように話してくださったと思うのですが
本当にもりだくさんのポイントがたくさんあって
笑ったりもさせていただいたりしながら
最後まで面白かったです。
そして
川口教授のお話からは
この日本のJAXAの誇る「はやぶさ」のミッションの成功が
いかに偉大なものであるか、ということを
あらためて感じる感動的なものでした。
これは
地球の人類栄誉賞(という名前なんてないですが…)というか
はじめて海から陸に上がった一歩の凄さに匹敵するくらいに
凄いことなのではないかと一人思いました。
f0113109_547885.jpg

それを日本の科学者達が成し遂げたのだなあと思うと胸が静かに感動で満たされました。

f0113109_6484660.jpg


小惑星「いとかわ」の名前の由来なども
教えてくれましたし
科学的なすごい内容も理解できたかのかどうかは私にはわかりませんが
お話のすべてに
この宇宙時間の中では人の一生がいかに一瞬であるかもしれないけれど
その中で考えて研究して実践してやりとげたこと、
実際にこのように凄い成果というか
「はやぶさ」のミッションのすばらしさに打たれずにはいられないです。
人ってなんだか凄いと感動します。



「はやぶさ」が地球に帰還して
大気圏に突入して燃え尽きてしまう前に
観た地球の画像。
f0113109_659137.jpg

[PR]
by koyomidon | 2010-08-24 05:22 | 書き留めておきたいこと

「ほぼ日」

いい感じの距離感で
いつもなんだか心が豊かになるものに出会えるのが
私にとっての
「ほぼ日刊イトイ新聞」 です。
言いたいことがあるのにうまく言えなくて
そんなことをそうなんだった、という感じでそこにあるのが
「ほぼ日」かなあと思います。
言えない、というのはどうしてか、というと
そう言ってしまうと
ついえらそうな気がしたり
ごめんね、だったり
ありがとうだったり
そんな心の痛みみたいなことなんだけれど
本当の気持ちというのはなかなか言えないものです。
気がつかずにさえいますし
きれいなものだけでもないですし
きれいなものでないものは苦しさを伴うので
誰かを悪者にしたりしてしまいます。
でももう、誰も悪くなどないということもわかっています。
そんな時は猫をみたりするといいと
この頃思います。
そんな風に「ほぼ日」をみたりしているのだと思いました。
田口ランディさんの文も違う切り口だけれど
私にとってはそういうものです。
そんな時はものを言わないものをみるといいのだと
やっとこんな歳になって気がついたのです。
また本当にそうだなあということを言っているように思う人の
ものいいで気がついたのかもしれません。
猫のようにおばかでかわいいものでありたいです。
犬とも暮らしたいです。
猫もいろいろに鳴くものなんですよ。
ああ、猫の着ぐるみがあって着ていられたらいいのに…。
[PR]
by koyomidon | 2010-03-05 06:29 | 書き留めておきたいこと