基本的に主婦。シンガーソングライター。          (画像Cherryさん)


by koyomidon
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

<   2007年 05月 ( 11 )   > この月の画像一覧

f0113109_1642475.jpg

そびえるようなギターポーズ。
川村マーミンのブログをパクった構図(笑)
今日五月二十九日(火)は
一月末以来の「おかあちゃんのフォーク」

FMアップルウェーブ78.8、
PM8:00から9:00までの一時間の生放送。
二曲くらいですが、歌います。
なんといっても川村マーミンとのトークが楽しいんですね。
お時間のある方はぜひ、
聴いてくださ~い。


あと、七月二日(月)
百石町展示館で『甚兵衛』さん主催の
「洋館で気軽にフランス料理」
というフランス料理を食べる会があるのですが、
その会で歌わせていただいくことになりました。
「洋館で気軽にフランス料理」は本当は
食べる方に参加したいなあと思うくらい
なんだか楽しげな会のようです。
PM6:30から二時間くらいじっくりと
甚兵衛さんのおいしいフランス料理をお客様に
お楽しみいただいた後に
歌わせ頂くのですが、美味しい時間を過ごすという余韻を大切に
私自身も楽しみたいと思っています。
料金は五千円。要予約で甚兵衛さん(0172-31-1631)に
直接お電話を。
甚兵衛さんはあの「レストラン山崎」さんでやっている
お店です。
興味のおありになる方はぜひおいでくださいね。
[PR]
by koyomidon | 2007-05-28 16:04 | お知らせ

一人

忘れられていたら、やっぱり寂しい。
でも、忘れられていたっていい。

寂しいなんて、いつもじゃないし、
寂しかったっけ、と思い出さなきゃならないくらいだ。
[PR]
by koyomidon | 2007-05-27 07:16 |

仙台萩。

五月二十三日(水)

 夕方、
Kさんがいらっしゃいました。
その時にいただいた「仙台萩」の黄色い花。
私には初めてみる花で、この花、好きだなあと思いました。
f0113109_16253929.jpg

可憐で温かみがあって、モダンでいてなつかしい。
f0113109_1628725.jpg


玄関にこのアレンジされたお花をおいています。
この花をアレンジしてくれたのがKさんで、
ライブの時にチーム「夜きま」の皆さんから
いただきました。
f0113109_16303436.jpg

この花を観るたび、
ライブのことを振り返ります。
[PR]
by koyomidon | 2007-05-24 16:43 | 日記

京蕗初収穫。

五月二十二日(火)
 すっかり新緑の美しい季節。
朝から、家事三昧…。
日中が暑くなってきて、
ゴミも匂いがきつくなってきた。
うっかり、生ゴミの袋の端から匂いの素のゴミの汁が…。
最近、ゴキ殿も去年に引き続き出没。
台所をまでに掃除せよ、とのことだべ…。
と言うわけで、棚からいろいろ出して掃いたり、拭いたり、…。
午前中を終わる。

昨日から風邪なのか花粉症なのか、鼻水しきり。
本調子ではないが、なぜか働く日は働き、
お昼に秋田蕗を収穫して煮あげ、
その後、かなり伸びてしまった京蕗も収穫。同時に草取り。

京蕗は六束くらいを水にさらして灰汁抜き。

晩御飯のおかずには秋田蕗を煮付ける。
鶏肉とこんにゃくの煮物に。
暑くなって、冷奴も美味しいはず。
と言うわけで、今年初の黒石豆腐。
そして、さんま食べたいなあって言っていた末っ子の言葉を
思い出し、解凍さんまはあんまり食べたことなかったけれど、
トライ。
久しぶりだったのもあってか、けっこういける。
美味しくなってきたきゅうりのカラシ漬けなども…。
新緑の日本の食卓。
京蕗は朝煮付けてお弁当に入れよう。
f0113109_16234250.jpg

[PR]
by koyomidon | 2007-05-23 05:18 | 日記

ロックかもしれない…。

先日アップルウェーブの
「津軽いじん館」という番組の収録に
川村マーミンと伺いました。
放送は五月二十三日(水)のPM4時とPM七時半からの三十分と思われます。

ちと、変なテンションで収録してしまいました…。
原因はわかっております…。
そもそも、そのちょっと前に
「ほぼ日」でのみうらじゅんのコンテンツにハマっていたことが多分…。

面接官に好印象を与えるには、
「釈迦の十大弟子の中で私はラーフラが好きです!」というような
ことを言うことが大事だ、
みたいなことをおっしゃっておられたことが、
頭に残っていたことに由来しておるかと思われます。

「なんだなんだ、なんなんだ、ラーフラってなんなんだ?」
と言うような、驚き、
をまず、どーーーんと提示せよ、とうお告げがおりたのです。

それで、ライブのことをいろいろと聞かれたのですが、
私にとってライブは、
「ポンペイの遺跡でした。」
というようなことを言っておりますので、
「なんだなんだ、ポンペイの遺跡ってなんなんだ~?」
と、寛大な気持ちで聴いてくだされば嬉しく存じます~。

一曲選曲して持っていった曲は、
ハリー細野氏の曲です。
私にとって、
「ロックかもしれない…」。

マーミンが一緒でほんとによかった~。
いつも元気になります。
ありがとう。
そして、聞き手の倉田さんは素敵な方でした。
ご自身は謙遜していらっしゃったけれど、
聞き出すことって誰にでもできることではないと思います。

どんな風に収録されているんだろ…。
どきどき…。
[PR]
by koyomidon | 2007-05-15 06:09 | お知らせ

ニトリが好き。

五月十三日(日)
 
 久しぶりにニトリへ。
夏に向かってガラスのコップをもう少し揃えておきたいと
思っていて、そういう時はニトリへ。
そして、私はニトリが好き…。
安くて案外、おしゃれなものが多いのでありますからにして、
けっこう、っていうか
すごく張り切っていつも行く。

目的のグラスと
あと、小さめの取り皿も見つけて嬉しい。
ランチョンマットも十枚買う。一枚99円~。安。
そんなに買わないのに、気が付くと、二時間近くいた…びっくり。
ニトリが好き。

その後さくら野へ。
お昼のご飯支度の時間が押しているのに、
また、三階の食器コーナーへ…。
三割引きのサラダボールを買う。

美味しそうな掻き揚げと茹でそばなど買って、
やっと家に戻り、
お昼は掻き揚げを入れたそばにする。

その後、Hっぱでの
「おはなし会」へ。
優しい先生とちびっこ達との
楽しい時間を過ごす。
「もったいないばあさん」のクッキー、うますぎ!
久しぶりにチェリ丼にも会えて、すごく嬉しかった。
でもちと元気がない気がしたのだが、
編頭痛が続いているとのことで心配。
でもその後、マーミンも以前に教えてくれた
「○よこ米」の存在の連絡をくれてなんだか笑う。

○みぃさんと○せさんが、あいかわらずこまめに動いていたのだった。
かぴばら~(意味不明)
Hっぱラブ。

その後、末っ子に前々から言われていたユニクロへ。
って感じで、あんまり家にいなかった日曜でした。

戻ったら、自炊君から短いTEL
今、東京ドームで試合みてるが、自分も映ってかもしれないから観て~
とのことだが、
残念ながら、テレビはどこもやってないのだった…よ。


晩御飯はにんにくを利かせた鶏肉のソテー。
そして、サラダ。

食べ終わると、今、最大の楽しみにしている
NHKの大河ドラマ「風林火山」!!!
息詰めてみる。
どうなる?

平和な日曜の夜は更ける。
[PR]
by koyomidon | 2007-05-14 06:08 | 日記

希望のかけら

「もっと自由になりたいな」と思っていて、
と、彼女は言い、
「随分自由なんですけどね…」と澄んだひとみで続けた。
言葉は深く心に沈んだ。

誰かがまた言うだろう。
「自由には責任が伴うなんだよ」、と…。
でもね、
もっと自由になりたいんだ。
私もそうだ。

どうしてかわからないけど、
ある年代の人々は
いつも批判的な顔をしている。
どうしてかわからないけど、
若いある年代の人達は
優しさを知っている。
残酷などうしようもない
自分達の心を感じている。

どうしてかわからないけれど、
ある年代の人達は
心の石を自分に向かっては投げないのだ。

どうしてなのだろう。

罪の意識を持たなくてもよかった
無垢な時代はもうこないのに。

「もっと自由になりたいね」
希望のかけらを探したい。
「もっと自由になりたいね」
この不安を感じているから
希望のかけらを探したい。
[PR]
by koyomidon | 2007-05-14 05:21 |

ライブ後の日々。

五月三日(木)
 桜の時期に福島の父が来たのは何年ぶりだろう。
父が二階に寝ているんだなあ、と
思ったりしながら、
鮭を焼いたり、味噌汁を作ったり、
ご飯を炊いたりして、朝ご飯の支度。

そうしているうちに、
父がとんとんと二階から降りてくる
「おはよう」
「おはよう、お父ちゃん、眠れた?」
「いやー、ぐっすり寝たぞー」
とにこやかに。
毎朝かかさない、コーヒーを入れると、
父も実家でかかさないであろうコーヒーを飲みながら、
毎朝、一人でそうしているように
新聞を広げて、ていねいに読んでいる。

「お父ちゃんは新聞今も丁寧に読んでるね」
「だいたいね、二時間はかけて読んでるんだよ」
となにげなく言うけれども、父は82歳。
いろいろな社会的な感覚も鈍っていない。
私の子供達も、
この父とゆっくりと落ち着き安心して話をしている様子を
見ていると、それがとても貴重な時間に思えてくる。
この父はきれいに歳を取ったのだなあと思う。

朝ご飯を食べて、
持ち帰れなかった荷物を夫と百石町展示館に取りに行く。
私は話をしているばかりであったけれども、
昨日みんなが一生懸命にかたずけをしていくれていたことなど思い出す。

今が盛りの桜のこの日、
朝から天気もよく、町はなんだか桜色に染まっている。

戻ったら、父はもう散歩に出ていた。
毎日、一万歩くらいは今も歩いている。
弘前をいつもほんとにいい町だねえと言う。
お寺や神社が好きで本当によく歩くので、
私より、何倍もこの弘前の地に明るいかもしれない。

お昼はみんなで、
一閑人へ。
天せいろを食べる。
「うまいね~」
庭の木にはうぐいすも鳴いていた。

一休みして、
夜は夜桜を観にいくことに。
見事だねえ~を連発する父。
本当に見事な夜の桜だった。
人出はピークに達していたのだろう。
人もすごくて私たちはあんまりの人ごみを避けながらも、
本当に夜桜を楽しみ、公園をでて、藤京で晩御飯。
楽しくおしゃべりをしながら、いい時間を過ごして帰宅。
弘前の満開の夜桜の夜は更けていった。
[PR]
by koyomidon | 2007-05-09 05:46 | 日記

ネガティブ

ネガティブ、ネガティブ、
優しい…ネガティブ。

頑固で反省することを忘れてさえいることにも
気が付かないことに、
嫌気がさしてしまった

まだ十七のあなたの、
あなたのその
たたずまいを
あなたの顔を
思い浮かべたんだよ。
そうしたら、何かに気が付いた。
そうしたら、
なんだか救われた。
本当にそうしたら救われた。
自分が恥ずかしくなったんだ。

言葉にできない感情の前で
今日も途方に暮れている。
[PR]
by koyomidon | 2007-05-08 08:13 |
五月四日(金、みどりの日)
 
 二日のライブは無事、終了致しました。
いらして下さった皆様、
遠路はるばるいらして下さった知人の皆様、
お手伝いしてくださった皆様、
いろいろと支えてくださった皆様、
本当に本当に、ありがとうございました!!!
たくさんの方々に、本当に力をいただかなければ、
二日の日を迎えることはできませんでした。
言葉では言えないです。

でも、終わると同時にそれはまた次への始まりなのだなあと
反省ばかりでもあります。
もっと、歌いこみ弾きこむことであります。
JKも言っていたけど、
次のほうがもっともっと大切なのだと思っています…。

そして、
歌を作ることへの思いの核を確かに感じる胸の奥(字余り)、
なんでありま素。

とにかく、桜は満開を過ぎました~。
後は散り行く桜かな…。
でも私は新緑の頃もとても好きです。
夏も秋も、冬も好きです。
それぞれの良さがあります。
と言いつつ、
何言ってんの?
って申しますか…


ライブの感想を寄せてくれれば嬉しく思います~。
[PR]
by koyomidon | 2007-05-04 07:36 | 音楽活動