基本的に主婦。シンガーソングライター。          (画像Cherryさん)


by koyomidon
カレンダー

<   2009年 04月 ( 10 )   > この月の画像一覧

グリー-ンカレー--

c0156487_19233893.jpg

ひさしぶりに作ってます!

本当は、
美味しそうな大根、ズッキーニ、アスパラなど、見つけたので、
普通に炒め煮と思ったのですが、
炒めはじめたらこれはもしかして
グリーンカレーでもいけるかもしれないと
方向転換…。
味見をしたら、
辛さとうまさに唸りました!
ああ、グリーンカレー
久しぶりのグリーンカレーが美味しい~

ココナッツミルクとナンプラーとグリーンカレールーの絶妙なマッチ具合。
[PR]
by koyomidon | 2009-04-28 20:02 | 料理

満開の桜

今週の初めに桜が咲き始まって
二十日月曜日お昼にひとめぐり、二十三日(木)の昼にまた一巡り、
夜は少しだけバンドの練習より早く行って
夜桜を観る。
この夜の桜の美しさは
本当にすばらしいし、
夜桜は、こんなに近くにいても
そんなに観にいく年がないものです。
風のない夜、お堀の水はまるで鏡のように満開の桜を写して
幻想的で怪しくて
何かが潜んでいるようで怖いくらいに美しい。
また久しぶりに観にいきたくなったので、
やもたてもたまらず、という感じででした。
七年前に母が亡くなってまだ一週間という十八日にもう満開になっていて
その時にも同じように水の向こうに桜の世界があり
それはもう、この世のもではないくらいに美しく
私は、母の姿を探したのだった。
悲しかったことを時々こうして思い出さなくちゃ…。
つらいこともこんな風に時が経って癒えるし
もう苦しくてしかたがないと思えることも
こんな風に受け入れてまた桜の季節を迎える。
別れの季節に桜はあまりにも美しいですね。
もうすぐ今年の桜も終わります。
予報どおり雨が…。
でもまだ、そこまで強くないのでもう少し桜の花がもってくれるといいですが…。

f0113109_13283465.jpg

f0113109_132835100.jpg

f0113109_13283563.jpg

[PR]
by koyomidon | 2009-04-24 13:28 | 日記

春の食卓

c0156487_5544912.jpg

ホタテが旬になってきます。そのまんま刺身で。
ホタテのヒモなどはたたいてタマネギのスライスとかき揚げに。
アスパラも今までと全然違う柔らかで甘い味!
さっと茹でて、新鮮な新玉ねぎをスライスして水にさらしたものとサラダに。
春は食卓にもやって来ています。



それで次の日のお弁当は
残った掻き揚げをタレで天丼風の味にして海苔弁に。
c0156487_757316.jpg

[PR]
by koyomidon | 2009-04-22 06:05 | 料理
四月十八日(土)
 桜が咲き始めました。
やっぱり気持ちがうごめきますね、なんとなく。
そんな中NPO harappaさんでの
harappa rooftop live Vol1
インフォメーションされました。
本当はルーフトップということで、屋上でやろうということだったのですが
いろいろとあって三階のスペースでのライブとなりました。
でもこの三階の空間もトップの写真のように、
かなり面白く、惹かれる空間です。
なんだかなつかしくもあるし
秘密の部屋を見つけたよ~、な子どもだったらきっとそう思うかなというような感じです。
ライブの時間ともなれば、窓からの光がどんどん変化していくのだろうなあ、と
想像しているとそんなことも楽しみです。
弘前には
古くても趣のある建物があちらこちらにあるんですけれど
harappaのあるここもそんな古いビルなんですね。

Vol1.ということは第一回目、
ということは初めて、
ということは、
予期せぬことも、こんなはずでは、と思うことも
また、思った以上に面白いなあと思うこともあるかもしれません。

今回はじめてココロネさんと一緒でのライブです。
アコースティックな音もあり、バンドの音もあり、という感じです。
場所の持っている空気とともに
桜祭り期間の弘前の街のうごめく雰囲気とともに
ぜひ、ライブに足を運んでくださると嬉しく思います。
お待ちしております。

ライブは一応事前の申込みが必要です。
連絡先
harappa事務局
0172-31-0195
post@harappa-h.org

もしくはkoyomi本人に。
koyomikasamaku@yahoo.co.jp

また、バンドメンバーを知っている方はそれぞれに連絡をしてくださっても。
[PR]
by koyomidon | 2009-04-19 08:36 | ライブ

今、

f0113109_830479.jpg

カニを茹でています。昨日五匹、毛ガニもらったのですが、昨日は茹でる時間がなくて、今、茹でてますが、生きててカニ、生命力すごいですね。普通の家庭の色ではあんまり生きてるものを扱わないので、ごめん、って感じで~。


そしてこんな風に…。
f0113109_8444628.jpg

[PR]
by koyomidon | 2009-04-19 08:30 | 日記

捨てましょう



行くところを失ってしまった心は
どこに捨てにいきましょう。

風にむかって
空にむかって
夜の闇に向かって
捨てましょう
捨てましょう


行くところを失ってしまった心は
どこに捨てにいきましょう。

風にむかって
空にむかって
夜の闇に向かって
捨てましょう
捨てましょう

こんなに苦しいのなら
こんなに苦しいのなら
いっそすべてを捨てましょう
いっそこの身を捨てましょう
捨てる場所があるのなら
捨てる場所のあるのなら

いえいえ捨てずに埋めましょう
美しい夢の花になるのだと
ごつごつとした木の中の
どこからということもなく花を咲かせる
きれいな緑の葉を芽吹かせる
桜のあの木の土の中
桜のあの木の根の元に
捨てずにそれを埋めましょう
生まれ変わって
花となり
そうして花びら散らして
吹きめぐる
西の風のように明るい花のようにありましょう
[PR]
by koyomidon | 2009-04-15 08:05 |

ねこけし 速報~。

かわいいです~

f0113109_22522246.jpg

敬愛するMぃさんのねこけし。

他の皆さんのも観たいですね。
[PR]
by koyomidon | 2009-04-13 22:52 | 日記

ねこけし

四月十二日(日)
今日もいい天気な中
harappaギャラリーで現在個展開催中のMAJIOさんワークショップに参加させていただきました。
制作開始から二時間作ることに集中しました。
久しく忘れていたもの作りへの集中する感覚、
楽しかったです。
という訳で作った作品。
c0156487_2333925.jpg

後姿
c0156487_2333918.jpg


これは↓ 同じ時間に参加して作っていた消しゴム版画作家
       山口まくらさんの作品です。
c0156487_2333987.jpg

素敵ですね~。
ほとんど同じ素材から
まったく違うものができて面白いです。
c0156487_2333963.jpg


そして、昨日作ったという小杉君のねこけしの後ろ姿。
c0156487_23484169.jpg

スナフキンなんですが何より尻尾があります~。
帽子やバッグや小物もこっていて面白いんですが前からの写真を撮り忘れてしまいました…。
c0156487_2333911.jpg


その他の方達も
私達の後に作りにきていて
どれも違っていて面白いです。

そして、
MAJIO展は最初に入った時からパワーがあってすごい感じでした。
まず最初に単純にこの総量が凄いなあと思いました。
一度ぜひharappaに行って観てみてください。
ワークショップでのMAJIO先生もとても優しい方でした。
[PR]
by koyomidon | 2009-04-13 00:21 | 日記

うごめく

まだ色はないんです。
りんごの枝はまるであやめく指の先
地球にすべてを向けていたんですよ
その先はとんがっていて
何かをじっと待っていると感じていました。

春の光、

りんごの木が心の中でつぶやいてから
もう十日くらいも経っていたでしょうか
ほら
枝の先にふくらみが増して
もう
恐ろしいような枝ではありませんでした。

でもまだ
色はないんです。
その先はもうとんがっていなくて
もう待つことはないと感じているようでした。

でもまだ
色はないんです。
茶色と灰色だけなのに
きれいに澄んでいるのです
りんごの木という木はすべて

ああ、春を待っていたのでした。
りんごの木々は山のすべてを覆っていました。
もうすぐ
白い花を咲かせるんです。
[PR]
by koyomidon | 2009-04-13 00:03 |

一喜一憂



 それぞれの新年度がはじまって数日が経ちました。
何事もその日できることをやって積み重ねていくという方法が
もっとも有効であるものだと
大分わかってきていますから
やっぱり見守っているということしかできなかったり
言うべき言葉もあんまりどうなのかなあ、と思うものですし
時には、親というものもおろおろと内心はしているものの
だからといって有効な刺激を与えるにはどうしたらいいのか、と
言ったり思ったり考えたりもしているうちに日が過ぎて
結局
彼女達が失望したんだなあと思ったりしているうちに
また次の日にそこから少し回復して
また元気さを取り戻したりという姿をみては
一喜一憂しています…。
それぞれの新生活にも慣れてきて
寂しさや怖さの夜も過ごして
そういうものを心の中に沈めてはまた
太陽の光や
月の明かりの中に
彼女達が美しく照らされてありますように。
[PR]
by koyomidon | 2009-04-11 04:56 |