基本的に主婦。シンガーソングライター。          (画像Cherryさん)


by koyomidon
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

<   2009年 09月 ( 8 )   > この月の画像一覧

今日九月二十九日は第五火曜日ということで
夜八時から、FMアップルウェーブの「夜はきままに」で
生でラジオの時間です。
「おかあちゃんのフォーク」
川村マーミンと久々のトークはとても楽しみです。
そして、
一応また、スタジオで生ライブをさせていただきます。
いつものことですが、緊張してしまうと思います…。

今日は今月の始めの姪の結婚式の時に
作った曲と、前に作ってあんまりは歌っていない曲とを
歌います。
あと、
カリンバ…。
音色が何もしなくてもいいんです。
調度良くタイミングあったら、お耳にかかるかもしれません。
よろしくお願い申し上げます。

ちょっと風邪気味ですが
夜まで声にこないといいなあ。
昨日また随分寒かったですもんね。
そして、昨日は二年前にいろいろ植えた菊の花ですが
切って活けてみました。
毎年、この小菊の枝ぶりをみては
「風の形」だなあと思います。

c0156487_8374687.jpg

c0156487_8374640.jpg

↓これは、先日末っこがアプリ-ズのお店でって買ってきてくれた
生キャラメル!
超、美味しいんです~~。
c0156487_8374654.jpg

こうしてみると
画像とお知らせと何の関係もないや…。
秋の夜の一時、
マーミンとkoyomiと過ごしてみませんか?
(嫌かもですが…笑)
[PR]
by koyomidon | 2009-09-29 11:30 | おかフォ
二十日のまちなか情報センターでの
「ストリートが呼んでいる Vol12」 『Do I Like Our Way?』に
いらしてくださった方、本当にありがとうございました。
初の野外イベントを自分的には
野外フェスってイメージをしながら歌わせていただきましたが、
でももっと自分でも意識を持って次回がもしあるのであれば
やってみたい気が致しました。
声をかけてくれた佐藤さんはじめスタッフの皆様、
対バンの皆様
そしていらして下さった皆様
本当にありがとうございました!

さて、この後も
いろいろとライブやイベントにかかわることがありますので
少しずつご案内させていただきます。

どのイベントも
お勧めです!
ぜひ、お時間を取っていらして下さいませ。

今日はまず、十月十日(土)
harappa rooftop live2

======(以下 harappaウエブサイトより 転載)========
いつもは使われていない空間に、柔らかな音楽が響きわたる。
harappa rooftop live 2
2009年10月10日(土)
open 18:00 / start 18:30
会場:space harappa 3F (青森県弘前市土手町112)
チケット:500円 ※当日券あり

チケット取扱・予約
harappa事務局
0172-31-0195
post@harappa-h.org

出演
鳴海徹朗
81年生まれ、黒石市在住、蟹座。現在、アップルウェーブにて毎週木曜夜9時より放送中の音楽番組、「もじゃもじゃラヂヲ♪」のパーソナリティ。
ラヂヲの宣伝も兼ねて、たまに唄うのだという。
華のカリフラワァ

MARCO
04年 弘前市のライブハウスを中心に活動開始。
07年 自主企画『伝心うたげ』を開催。
自主制作CD『伝心うた』を発売(生産終了)。
09年7月 育児休暇を終了し活動を再開。
アコースティックギターでの弾き語り。
マルコの迷信

出産を終え育児で奮闘中ではありますが
この夏、MARCOさんはまた歌い始めました。
歌を作ることが好きでギターを弾きたくて
そして、どんなに歌う事が大切な事であるかが伝わってきました。
自分で土をこねて形を作り上げて色を塗って
熱い火で焼かれてできた自分の焼き物を手に取った時の
手に感じるぬくもりのような歌でした。
力強くて優しくて面白くて繊細な逸品、そんな歌です。


聞こえないふりをした
渡邊 勇太(guitar) 工藤 葉子(keyboards) 佐藤 卓(guitar)
07年夏結成/(基本的に)インストゥルメンタルバンド。
ambient/drone/electronica/noise等の要素を取り入れた楽曲を軸に、青森県内(外)でマイペースにライブ活動を行う。現在までに、音源[ame no ato e.p.][screen][filter]を発表。Jamie Squeezeとの共同企画[nuclear sound scape]を不定期ながらも開催している。
kikoenaifuriwoshita

リズムマシンでの打ち込みのリズムでのインストバンドというのは
よくあると思うけれど、「聞こえないふりをした」の
音の重ね方は一度は聴いてみる価値がある。
キーボードの印象的なくり返される胸にくる旋律に
多様な音質のエレキギターが繊細にそして緊張感をはらんで
絡み合ってやがて感動の流れの中に巻き込まれていきます。
harappa階上の空き店舗のなつかしい空間に
どんな風に響くのでしょうか。


koyomi cafe
主婦・シンガーソングライター"koyomi"がフードブースを担当!
※1プレート\300


===========================


という訳で、
鳴海さんも
MARCOさんも
聞こえないふりをした  

も、
とても好きな方たちです。
本当に楽しみ!
いい夜になると思うといまから待ちとおしいです。

という訳で、
わたしは
フードブース担当なんですが、
本業の主婦として
正直、気合入ってます!
ぜひぜひいらしてくださいませ。
1プレート300円で、あとはいただきません。
いろいろ召し上がってくださいませ。
はっきり言いますが、
気合入ってます!
[PR]
by koyomidon | 2009-09-26 06:04 | お知らせ

ゆぱんき

f0113109_170696.jpg

久しぶりです。
洋なしのアーモンドタルトとジャスミンティー
[PR]
by koyomidon | 2009-09-22 17:00 | 日記
九月二十日 日曜日の
まちなか情報センターでのバンドライブは
私の大好きなバンド
『聞こえないふりをした』の佐藤さんが声をかけてくれました。
彼は人望があってとてもすばらしいアーティストの一人です。
参加できて本当に光栄です。
どうぞフリーライブですので、
土手町でのバンドライブと出店もあるとのことですので
いらしてくださって楽しんでくれれば~と思います。
お待ち申しあげております。
タイムテーブルは若干ずれることもあろうかと思いますが
ご了承くださいませ。

「まちなかミュージックサロン ストリートがよんでいる」の今回のHPも作られていました。
ご参照ください。

do i like our way?
[PR]
by koyomidon | 2009-09-19 06:58 | ライブ
まちなかミュージックサロン ストリートが呼んでいるvol.12
「Do i LiKe our way?」が
弘前市まちなか情報センターで
12:00-17:00まで開催されるのですが
koyomiBANDも出演させていただくことになりました。

出演は
山田八木橋
チーム甘党
FATMAN SEMINAR 
ブーギーズ 
koyomi band 
Jamie Squeeze 
the fake smile you hate 
3$FINGER 

野外、は初めてで楽しみにしています。
気楽に聴きにいらしてくださると嬉しく存じます。
また詳細わかりましたら告知させていただきます。
[PR]
by koyomidon | 2009-09-19 06:57 | ライブ
九月十五日(火)
 ココロネさんの企画ライブにkoyomiBANDで参加させていただきました。
そしてココロネさんは
先月三十日の福島を皮切りに始まった全国ツアーの最終日ということで
充実していただろう旅をしてきたという感じが
一人一人の顔にきらきらと現れていてなんか
演奏もきらめいていてよかったです。
記念すべきツアー最終日に一緒に対バンさせていただき
ほんとうに嬉しかったです。
いつもながら、みんな心遣いがすばらしくて
かわいくて
ココロネさんとはいつも楽しくライブをご一緒させていただきます。
ありがとうございました。
そしておかえりなさい!
無事元気に戻ってきて嬉しいですよ~。

他に対バンは
GALLO、仙台のyuakというバンドのイワサキタカヒロさんでした。
GALLOは女の子のスリーピースバンド。
かわいさとほんとにバンドを楽しんでいるのが伝わってくるのと
好きだなあと思うセンスのギターと、
ボーカルも魅力的で、オリジナルの曲は歌詞もすーっと入ってきて
面白いバンドでした。

イワサキタカヒロさんはバンドメンバーの都合で一人での弾き語りで聴かせてくれました。
なんだろうこの世界はと、
歌い始めてギターを重ねていくうちに惹き込まれていきました。
歌詞の世界と音とが叙情的で複雑で知的で
あれ、っと面白く思いました。
弾き語りというシンプルな形態で聴く事ができて
先日のバンドとのサウンドがまたよりいっそう面白く聴こえるように思いました。
この世界観をどんな風にアレンジしていっているんだろうと
買い求めたCDを何度も聴きました。
よかったです。
この日仙台から一人車でいらしてまた終えて一人車で仙台に戻り
次の日は八時からの仕事をするのだと笑ってさりげなく言っていました。
対バンさせていただき光栄でした。

koyomiBANDは三番目に出させていただきました。
平日ということもあり私以外のメンバー全員が仕事で
ぎりぎりの参加でしたので
リハなしで本番にのぞみました。
マグネットでのバンドでの演奏は去年の十二月のクリスマスライブ以来でしたので
ちょっとどきどきでした。
私はバンドの皆を心から信頼しています。
それは練習や話をしたりをしてわかってきたことなので
今日もそれは変わらずにバンドの奏でる音に自分は気持ちを乗せて
歌う事ができました。
でも個人的に自分のギターは最悪でしてそれが申し訳なく思いました。
まだまだなのですがやっぱりまだバンドもそして一人でもやっていきたいので
また心あらたにやっていきます。

平日でありお忙しい日々の中にもかかわらず
いらして下さった皆様、本当にありがとうございました。

koyomiBANDセットリスト
1、風
2、空のものがたり
3、Lonely Windy Night
4、Sanriku Rail Way
5、僕の恋
[PR]
by koyomidon | 2009-09-19 06:56 | ライブ
朝晩はもう寒いくらいですね。
まだ九月に入ったばかりなんですが、そう言えば…。
九月に入ってから、月がとてもきれいでしたね。

さて、バンドでの練習も大分手ごたえを感じる事ができています。
新曲(と言っても以前の曲をバンドでやっているんですけど)
もなんとかなりそうになっていて
私はこれがかなり好きな感じになっています。
koyomiバンドの一人一人を敬愛できることを幸せに感じます。
私にとっては常に課題の連続ですし
自分の未熟さに心で泣いても顔は笑って、
少しでも手ごたえのある音を作れるように
頑張りますので
ぜひ、ぜひ、ライブに足をお運びください。
なかなかいい感じになってきています。

そして、ツアー最終で
ココロネさんがどんな顔で戻ってくるんだろうかなあと
なんだか母心ですね。
GALLOさんもyaukも楽しみ。
いらしてくださると本当に嬉しいです。
お待ちしております!

2009/9/15(火)ココロネの木 vol.7
出演
 ・GALLO
 ・yuak(仙台)
 ・koyomi BAND
 ・ココロネ

open18:00 start18:30

前売り\1000 当日\1300
※ドリンクチャージとして別途\500申し受けます。


koyomingsha_08@ezweb.ne.jpまでご連絡下さい。
[PR]
by koyomidon | 2009-09-12 14:48 | ライブ

姪の結婚

姪の結婚式が
九月六日(日)「ザ ペニンシュラ東京」であり
前日の五日から神田のホテルに一泊しながら行って来ました。
実家の父、兄夫婦、弟夫婦、甥、姪、昨年の母の七回忌以来の再会もあり、
久しぶりに生まれ育った一族との一時
やっぱり不思議な貴重なこれが絆というものでしょうか…
姪の結婚の幸せを心から願いました。
ほんとにきれいでかわいくて
もう嫁に出したくないくらいでしたけれど
でもそうも言っていられません。
帆をはり大海原を航海していくのだよ。
二人でまた。

そして、二年前の甥の結婚式の時にも思いましたが
送り出す親の姿がいつも胸に染みますね。
やっぱり、結婚というものが本当にとてもとても大きなことなのです。
それまでは、なんだかんだと言っても親に助けられて過ごしていたのだと、
そのことがどんなにありがたいことだったのかと、
私もわかりました。

姪のMちゃんは
なんだかとてもほんわかした雰囲気があって
小さい頃からとてもかわいいお嬢さんでした。

お祝いの気持ちをこめて
私にできること、と申しますか
曲を作って歌わせていただきました。
実は
結婚式の当日まで
曲のタイトルを決められないでいたのですが、
彼女の笑顔のかわいさが一際いつも目立つ理由に
笑窪、があって
その日のMちゃんもそうでした。
小さい頃からとてもチャーミングな笑窪のことを思ったら
曲のタイトルが決まりました。
その笑顔と笑窪が消えることのないように願って
歌わせていただきました。
ほんとうにほんとうにおめでとうございます。

  「笑窪」

あなたという人はいつの間にか
この胸の奥住んでいた
愛することを知った

私は深い深い森に住む精霊のように
あなたを愛して
枯れることのない泉の辺で
花を育てましょう

私がおばあちゃんにいつかなっても
この空の青さをあなたに伝えましょう

季節の移り変わりの中のたあいのない
輝きがあなたとの暮らしの中に
いつもありますように

泉の水が枯れてしまえば
花は咲けない
深い森は豊かな時を刻む
深い森は時に迷い道
そんな夜にも
静かに確かに灯りを灯せるように


 あなたと ふたり歩いていく
 あなたと ふたり生きていく


泉の水が枯れてしまえば
花は咲けない
もしもある日森に迷ってしまったら
そんな夜には森に問いましょう
強く優しい
すべてを知っている深い森に問いましょう

 あなたと ふたり歩いていく
 あなたと ふたり生きていく
 あなたと ふたり歩いていく
 あなたと ふたり生きていく


   
[PR]
by koyomidon | 2009-09-07 07:05 | 日記