基本的に主婦。シンガーソングライター。          (画像Cherryさん)


by koyomidon
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

<   2009年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧

昨日(十一月二十九日)はharappaにて
Rosette模様*ロゼットモヨウさんのイベントがありました。
ちょっとだけ行ってみたら、
かわいいものおいしいものがきらきらとしていました。
私はいろいろなマフィンをまず買いました。
ちょっとレンジでチンするといいですよ、とのことで
今朝は、昨日から朝食に、と楽しみにしていた
話題のラタトォーユマフィンを40秒ほどレンジで温めていただきました。
サービスでいただいた紅茶(ストロベリー~)と一緒に。
すばらしいお味です!
朝食に甘くないまろやかで優しいこのマフィンの味が一日の始りに力をくれます。
c0156487_7165735.jpg


他には、
布が気に入った小さいトートと、
レースをあしらったお手ごろな分量のストールを。
c0156487_71657100.jpg


物を作る楽しさと
乙女のパワーが気持ちの良いロゼットさんのイベントでした。

本当は夕方からのライブもとても行きたかったのですが…。
harappaでのkikoenaifuriwoshitaはよかっただろうなあ~。
彼らの音楽は本当に胸に来るんです。

このごろの「聞こえないふりをした」はいろいろなところで
ライブをしていて、なんだかすごいなあと思います。

oliza(From Tokyo)さんという方も観たかったなあ。
でもまたきっと機会にめぐりあうようにも思います。

昨日のharappaの賑わいは冬の寒さを吹き飛ばす感じでした。
次回もまた楽しみにしています。
[PR]
by koyomidon | 2009-11-30 07:32 | 日記
最近のしまはいろんなことを学んでいます。
このコタツのテーブルの上だけは上がるといつもしかられるためか
ある日、こんな感じに…。
f0113109_6281367.jpg

これをやってくれた時は拍手喝采でした。
なぜこのような…?
と思い、はっとしたのですが、
これは気になるテーブルの上を見たいということだったのではないか?…と。
これはでももしかして芸のひとつに!
f0113109_6281320.jpg

なるよね。笑





そして、こんな顔も…。
というのはしまではありません。
先日、スーパーの駐車場に車を停めた時、隣の車にいた
かわいい芝犬君でしたが、
写真を撮ろうとしたら、
こんな顔を~。




f0113109_6281322.jpg

してくれました。笑
[PR]
by koyomidon | 2009-11-29 06:28 | 日記
名前は「しま」です。
f0113109_8515350.jpg

本当にきれいな顔をしている女の子です。
四本の手足にはすべて白い靴下を履いております。
f0113109_8515317.jpg

猫って不思議で、
必ず、「そ、そこで?」っていう場所に寝ますよね。
私のPCの椅子に寝ています。

夜は娘の部屋で寝ています。
昨日、朝のぞいてみたら、
うつぶせになって寝ていた娘の首の後ろの上にどかんと寝ていました。笑
なかなか、ピンポイントでの写真が撮れないんですが…。


これは、定番ストーブの前です。
f0113109_8515318.jpg


猫背ですよ。
f0113109_8515374.jpg

肉球はみたいところですよね。
f0113109_8515344.jpg



いただいてきたのは十一月一日でしたからもう一ヶ月近く~も
経ってしまいました。
とてもかわいがられて、そうして
ちゃーんとトイレもしつけもしてくださっていたので
なんにも困ることもなく
心から子猫を下さったお家の方に感謝しています。
もう家族の一員で、いない暮らしは考えられなくなるものですね。
アクティブな時と寝ている時、とを繰り返しておりますが
アクティブな時はとても写真は撮れません。笑。

はじめは猫、どうかな~と思っていた夫は
猫の好きな高い棚を率先して作ってくれたり、
帰ってくるとしまも迎えに行ったりと、
なかなか素敵な状況です。

一ヶ月の間にずいぶん大きくなって、もう子猫っていう感じではなくなりましたが、
随分しまも慣れてくれてよかったなあと思っています。
[PR]
by koyomidon | 2009-11-27 08:51 | 日記
十一月一日(日)
早朝からかぼちゃプリンを作っています。
こんなふうにできました。
c0156487_455358.jpg


これは↓かぼちゃプリンの元、というかかぼちゃプリン液。
かぼちゃは皮をむいて1,5センチくらいの均等の厚さに切って
ひたひたの水から煮て柔らかく煮えたら余分な水分を捨て
さらに火にかけて余分な水分を飛ばすようにして
(マッシュポテトを作る感じで)
かぼちゃをつぶし、裏ごしをします。
別なべに卵をとき、グラニユー糖を加えて泡だて器で良く混ぜ、
卵一個にたいして、対ニの牛乳や生クリームを加えてよく混ぜ
かぼちゃの裏ごししたものをまた裏ごししながらプリン液に加えて
さらに二度ほど裏ごししてできたかぼちゃのプリン液です。
c0156487_4553536.jpg


別鍋でカラメルソースをつくっておきます。
c0156487_4553513.jpg


極々弱火の湯銭で約一時間弱でできあがり。
(竹串を通して何もついてこなければよいです。)
c0156487_4553582.jpg


熱いうちに熱いカラメルソースをかけてできあがります。
c0156487_4553589.jpg


これがどうなるか、
今日から三日間のharappaで開催されるEasy Living Works story♯5のワークショップ「スプーンカフェ」に参加された皆さんはわかるんですが…。
[PR]
by koyomidon | 2009-11-01 07:13 | 日記
十月三十日(金)
心に残る暖かいゆぱんきでのライブと美味しいご飯のある時間でした。
出演はココロネの門上徹さん、「聞こえないふりをした」さん、そして私でした。
最初の門上さんの歌はその人柄の通りに
心のある暖かい歌なのです。
誰の心も解かしてくれるそんな歌です。
元気で明るいことがどんなに素敵なことか、
若いピュアな思いがどんなに素敵なことか、
素直に本当に心に届いてきました。
ありがとう、とてもとても元気をいただきました。

次が私の番で
そしてその後に
「聞こえないふりをした」さんでした。
ゆぱんきという場所は不思議な異空間というか
ちょっとした異世界なのです。
そんな不思議な空間に「聞こえないふりをした」のサウンドは
絶妙にマッチしていました。
いつもの音量の中ではきっともっとも低い音での
演奏なのかもしれないのですが音のパーツが大音量の時よりも聞こえやすい感じで
ああ、こんな風に弾いているのかキーボードは、とか
ギターのフレーズがここでこう弾かれているのか、とか
そして、全体として、ゆぱんきの壁となじんで
大入りの人波にその音が吸い込まれたりゆれたりして
ゆぱんきそのものが小さな家のオルゴールみたいに音楽を奏でる箱の
なっているようでした。

あやこさんのつくる十三夜プレートの美味しそうだったこと~。
はあ…、とため息が~。

私は
前回のゆぱんきさんではまったくの生音だったのですが、
ギターをエフェクターを通した音で試してみたかったこともあり、
また、小さく歌ったり普通に語るようであったりする
その微妙な大小の声を拾ってもらいたくてharappa小杉君に今回はPAを
お願いしました。
小杉君という人はどんどんどんどんいい感じになっていきます。
スキルも日々鍛錬してフットワークが軽くて
いつもこの方と仕事をしていて嫌な思いをしたことがありません。
とても信頼できる人とこうして一つのサウンドを奏でることができて
本当に今回もまた嬉しかったです。

いらして下さったお客様がとても素敵で
涙が出るくらいに一生懸命に聴いて下さいました。
皆さんの存在を全身で感じながら歌わせていただける事を
どんなに幸せに思ったことでしょう…。
ありがとうございました。
本当にありがとうございました。
至らぬところは多々ありましたがせいいっぱい歌わせていただきました。

このようなライブをさせていただいた
ゆぱんきさん、本当にありがとうございました。
随所にあやこさんの心遣いがかわいく彩られていました。
いつも本当にありがとうございます。そしてお疲れ様でした。

十三夜の月がくっきりと夜を照らしていました。

セットリスト
1、あきかぜ
2、風の形
3、りんごの国に雪が降る
4、弔う
5、万葉集から二首 (カリンバを使って)
6、みなこの子守唄
7、ねこのあしあと(ゆぱんきの歌)
8、笑窪(えくぼ)
9、アビシニアンのように
[PR]
by koyomidon | 2009-11-01 07:12 | 日記