基本的に主婦。シンガーソングライター。          (画像Cherryさん)


by koyomidon
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

<   2010年 04月 ( 11 )   > この月の画像一覧

リハ中

f0113109_1516623.jpg

ギャロさん。
[PR]
by koyomidon | 2010-04-29 15:16 | 日記
四月二十九日(木)
今日からGWなんですね。
とうとう弘前公園の桜が咲きました。
昨日帰省の長女を夜駅に迎えて
ちょっと桜がどうなったか観てみよう、と
周った公園の外堀の桜がもう
それはそれはきれいに咲き始めていました。
一日前とまったく違って
桜という花はなんだか見事です。
本当にきれいでした。
これからGWの間、身頃になるんだろうなあと
やっぱり、桜が咲き始めると
一気に嬉しくなりますね。
今日のライブが終わったら
早朝公園に写真撮りにいかなくて。
後で写真載せますね~。

さて、やっと昨日セットリスト決まり、
桜開花と同時にテンションが上がってきました。
ライブへ。
この桜の花のような気持ちでいきます。
一夜限りの歌ですが
聴きにいらしてくださると嬉しいです。

2010年4月29日(木)
『オンナゴエ』
@弘前マグネット

open/start 17:30/18:00

前売/当日 \1000/\1300(+ドリンク代\500)

〈出演〉
koyomi
灰色少女
菊地果歩
GALLO
[PR]
by koyomidon | 2010-04-29 06:46 | ライブ

端っこが

f0113109_743036.jpg

f0113109_743052.jpg

f0113109_74304.jpg

f0113109_743010.jpg

好き


2010年4月29日(木)
『オンナゴエ』
@弘前マグネット

open/start 17:30/18:00

前売/当日 \1000/\1300(+ドリンク代\500)

〈出演〉
koyomi
灰色少女
菊地果歩
GALLO

私は三番目のようです。
昨日、とうとう公園の外堀の桜が咲き始めました。
今朝もお天気です。
今年はGWがちょうど見ごろになりそうですね。
桜を観がてらぜひライブにもいらしてくださませ。
ご予約お待ちしております。
[PR]
by koyomidon | 2010-04-27 07:04 | 今日のしま

充実の2Days

四月二十四日(土)
 koyomiBANDのベースの真摯な成田翔一君ですが
本業としてのバンドでありますcreepsの

カンテラ

creeps / インディーズ・メーカー

「カンテラ」レコ初ライブが弘前Mag-Netでありました。
出演は他に
815さん
近藤智洋さん(GHEEE, ex.PEALOUT)
古明地洋哉さん
高畠俊太郎さん(AUTO PILOT)
というすばらしい方達。
どの人のライブも見ごたえがありました。
アコースティックライブの醍醐味のようなものが十分味わえて
良い緊張感とみなさんそれぞれのお人柄がにじみ出てすごくよかった。
個人的に古明地さんの雰囲気が好きなのですが
ライブハウスでの生ライブは初で
アコギでの音作りとか歌とか雰囲気とかよかった~。

そして、もちろんトリはcreeps
とてもとてもいいライブでした。
充実のホットなライブに心楽しく家まではずむようにして
歩いて帰りました。
いいライブの夜でした!


四月二十五日(日)
ちょっと末っ子の用事で
青森に行くことに。
ということで
かねてより行ってみたかった
山田スイッチさんがインフォメーションしていらした
「竹山にありがとう」 
にちょっとでも参加させていただこうと思いました。

この「竹山にありがとう」の会は
参加者が満杯で立ち見のお客様もぎっしりいらっしゃいました。
朝ぎりぎりの参加申し込みにもかかわらず
スイッチさんも
スイッチさんのブログの中のお美緒さんも本当に暖かく向かえいれて
くださって恐縮でした。
ところでそうだお美緒さんなのだ、と思ったのは
二十四時間のラジオの放送は毎年クリスマスにあって
二回ほど私も会場のひとつであります「さくら野」で歌う機会をいただいたのですが
その声をかけてくださるのがこのお美緒さんなのですが
スイッチさんのおっしゃるとおりにこのお美緒さんは素敵な人です。
スイッチさんもお美緒さんも
そして、二月に同じ場所で田中忠三郎先生のお話を聞いた時にも
強烈な印象が私の中に宿りましたきわこさんのお姿もあって嬉しかったのですが
なんて頼もしい女の人がこの津軽にはおるんだろうと
勝手に勇気と元気をいただくのですが
スイッチさんがやろうと考える会というか集まりは
私はいつも「本当に行ってよかった!!」と思うんです。

一部と二部構成でした。
私は残念ながら末っこの用事もあって一部のみで帰らないといけないのでしたが
一部ではスイッチさんと民俗学研究家の田中忠三郎先生をはさんで
西川洋子さんが高橋竹山さんの昔の三味線の音を聴かせてくださいました。
西川さんのトークというかお話というか掛け合いというか
この日のお客さまには前列端っこのほうに三人のきれいな(男の方達です)アメリカの方が
津軽三味線も作っているし演奏もしているし、というので
とても真剣なまなざしをみていても感じたのですが
その方達との掛け合いもまたとても面白く竹山さんとの思い出やらを語り
三味線を鳴らしてくださったのでした。
竹山さんの津軽三味線…それは心の奥に風のように吹き渡ってきて
涙があふれてきました。

スイッチさん行ってよかった
本当にありがとうございました!

そして、
思ったのは
スイッチさんと言う人は
一見、なんでまたそういうことに~?というようなことを
見方によっては思われたりするのかもしれない
ちょっと面白いというか変わったことにも見えることをいつも企画されたりするんですが
実際それを実現していくのは小さいお子さんお二人を育てつつ
主婦業と嫁業と作家さんとしてのお仕事の中で
どれだけ大変だろうと想像されるのですが
私は「ほぼ日」の糸井さんの姿勢に感謝の気持ちばかりになるのと同じで
きっとスイッチさんがいい物というか面白いものと思うことを
自分だけでなく
誰かにも味わってもらいたいなあっていうそんな感じで
企画実行してくれるように思うんです。
そういうものを知ってなんだか力が沸いてくるようなそんな
不思議な暖かいものを感じるのですね。
私はだから、いつも心からありがとう、と思うんです。
できるだけ、スイッチさんについていきたいな、と…。
本当にありがとうございました。

あ、そして、着物姿、
とてもかわいかったです。
[PR]
by koyomidon | 2010-04-26 09:08 | 日記
四月二十九日(木)のライブが調度一週間後の木曜日に迫りました。

ライブに向けて
新曲を仕上げたり
カブァ曲を練ったり
今までの曲も
微妙な違いではあるかもしれないのですが
歌い方やギターのフレーズをよりいい感じに仕上げたいと
いろいろとトライ真っ最中です。
いつも思うのですが
ライブでしか味わえないものがあって
やっぱり私はライブが好きです。

今回のライブは
「オンナゴエ」ということで
女性ボーカル特集のライブ、
出演は 
灰色少女さん
菊地果歩さん
GALLOさん
そして私koyomiですが
個人的にもご一緒できるのがとても楽しみ。
なかなかユニークな素敵な面子で
きっと
楽しんでいただけると思っています。


open17:30
startは18:00 です。
前売り\1000 当日\1300
※ドリンクチャージとして別途500円いただきます。

このコメント欄でご予約くださったり
koyomikasamaku@yahoo.co.jp に
メールしてくださったり
まご存知の方は直接いろんなメールアドレスにメールでご連絡下さいませ。
ぜひお待ち申し上げております。




なかなか桜開花が遅い中、
上土手町の通りの桜が昨日咲いていて、いよいよだなあという感じに
なってきましたが、
この分だと見ごろは連休の中過ぎくらいからかなあかと…。
もうすぐ弘前は「桜の街」になってきますね。
「桜の街」、歌わせていただきます。心こめて。


それから五月五日にもライブさせていただきます。
場所はおそらく満開であろうと思われます
弘前城公園の
真ん中あたりのステージです。
時間がまだはっきりわからないのですが
午後の早めの時間かと思われますが
歌わせていただける予定です。

これもとても楽しみです。
満開の桜の中を歌うことができるなんて…。
詳細わかりましたらまたここでご連絡させていただきます。
[PR]
by koyomidon | 2010-04-22 09:29 | ライブ

あなたは鏡のようだな、
とふと思う
あなたはいつも何も言わない
さみしさも愛も
言葉にしない


何気ない日常を
あなたは私に与えてくれる
毎日
変わらぬ朝を
あなたは
私に与えてくれる

あなたは鏡のようだな、
とふと思う

あなたがさみしそうだなと
思うとき
あなたは鏡のようだな、
と私は思う
映っているのは
私自身で
あなたはその眼で私を見ている
私の心はその目に映る
面白ろさも底知れなさも


あなたは繊細で優しいので
その心につつまれて
私はこうして息をしている
そういう 弱さも強さも
あなたがいるからの真かなしみです
あなたという人に出会うたびの本当の真かなしみなのです
右の世界と左の世界と底知れぬ世界は表裏をなして
私を見ることはあなたを見ることなのです
鏡のように
私はあなたの中に映っています
[PR]
by koyomidon | 2010-04-15 11:35 |
四月十三日(火)
この頃の「しま」は随分おおきくなったなあと思います。
まだやっとふきのとうが出てきて色のない庭を
飽かず眺める「しま」です。
今朝からずーっと、出窓で眺めています。
f0113109_734194.jpg

f0113109_7341920.jpg


部屋のあちかこちらの戸を開けてやると
また眺めています。
f0113109_6501778.jpg

プレステを足台にしてくれていますが…。笑
f0113109_7443591.jpg


これは別の部屋のタンスの上にいる時。
外からどんな感じかなあと見てみました。
f0113109_7443544.jpg


本当は猫を飼う時、
ずっと家の中で飼うほうがいいみたいだよ、と
子供が言った時、
まさか、今猫をそんな風に飼うなんて思いもしませんでした。
猫は家と外を自由にきままに出入りしているものだと思っていましたから…。
そうやって飼うことがはたして猫にとって幸せなのかどうかな~、と
思いましたし、今でも思っています。
でも、こうして家猫として飼ってみると
外に出たら生存率は落ちるだなろうなあというのは予想できます。
「しま」と暮らしているのはとても素敵ですが
ごめんね、って思いつつ…。
どうしたらもっと幸せにいられるかなあ、とか考えたりしています。
考えるだけだけれども…。


今日の弘前は日中20℃くらいに暖かいっていうか
暑いくらいだよね、ってなるのに
その後気温はどんどん下がり、
明日は雪も降るかもって…。
まだ、タイヤ交換できないですね。

そして、今日は長女の誕生日です。
23年前、福島で生まれた娘ですが
今は亡き母と一緒に病院に向かったタクシーの窓から見えた
信夫山の桜が満開で、
こんなにもきれいな桜の時期に生まれる娘なのだなあと
緊張と期待と覚悟を持って病院に向かったことを思い出しています。
花のとりどりに咲く八年前に郷里の福島で母が逝ったのが八年前の十一日でした。
生と死と
そして、自分も故郷を離れて嫁に来たのが春でしたし、
春は出会いや別れをそしてそれを彩る桜や花々が咲き始め
木々が芽吹いてきて命を思う季節です。
[PR]
by koyomidon | 2010-04-13 07:34 | 今日のしま
四月十一日(日)
待ちに待った東京事変のライブに行ってきました!
私達は一階の後ろの方で会場に入る前は
「あんまりは観えないかもね」と末っ子と話つつも
会場に入ってみると
青森市文化会館の椅子席の作りはどの位置からも見える構造になっていて
背伸びとか前の人影で見えない、とかの心配はなくて十分満足な席でした。

開演前に今回のライブツアーの旗とか
Tシャツとかタオルなどグッズを買いライブ開始を待って
いよいよ開始、と同時にいきなり会場全員スタンディング!です。
最初からもう一気に盛り上がり~、になってしまいました。
顔までははっきり見えないものの
東京事変、本物が目の前で演奏しているという感激に包まれつつ
末っ子も私も最初からスタンディングでライブ参戦でした。

ステージ真ん中にベース亀田誠治さんがいました。
ベースの音がビンビン効いてすごいんです。
ベース、すばらしいです。
あの亀田誠治さんが~、と思うと感慨が深すぎます…。
その右側で椎名林檎さんが銀色の宇宙人みたいな髪型で
肌色のコスチュームが実にきれいで
そしてきれいな白い肩から
エレキギターを下げて歌いはじめました。
この生林檎の素敵さは、なんというかもうこの世のものとは思えません。
林檎の声、ボーカルの上手さは際立っています。
刄田綴色さんのドラムもすばらしくて
ステージに向かって右端側でドラムの動きがはっきり見えるのですが
ドラムさばきというかその動きもかっこいい。
もうただすごいなあって思いました。
向かってすぐの左側がギター浮雲さん。
足元にたくさんのエフェクターを踏んだり
ギターも何度か変えたりしながらいろーんな音で
あのCDで聴きまくっているフレーズやカッティングを
目の前で弾いています…。
そして 
左端がキーボードの伊澤一葉さん。
東京事変にこのキーボードがなかったらなんて考えられないんですけれど
とにかくああすばらしい。
いろんなキーボードの音色、弾き方、
エレキギターみたいにストラップで下げての演奏もしていたし
最後の方でエレキギターも弾いていました。
東京事変のアレンジって何度聴いても私は飽きるということがないんですが
本当にこの面子は宝物だなあ。
青森では初のライブということで
たくさん青森でのことをMCで話してくれて
嬉しかったです。
ほとんどはアルバム「スポーツ」からでしが
スポーツからだけでない曲も何曲かやってくれました。

夢のようなライブでした。
最後の曲が「極まる」で
浮雲のギター(弾くとこが二本あるギター)と林檎の歌で始まって
ベースが加わって、
そうしてすべてが加わって音がもうすばらしくて
さらに光と煙にも包まれて
ああ、極まる、っていう感じで
ライブが終了しました。

青森を東京事変のメンバーの皆さんも気に入ってくれたようですが
また必ず来ます!と言ってくれました。

ああ夢のような東京事変ライブでした。
すばらしかった~。
ありがとうございました。
[PR]
by koyomidon | 2010-04-12 14:51 | 日記
ずっと楽しみにしていた県美の企画展
 「古代ローマ帝国の遺産 -栄光の都ローマと悲劇の街ポンペイ 」 展が
今日から始まります。

初日の今日は
展覧会の監修者である国立西洋美術館館長の青柳正規先生の講義があるんですが
この青柳正規さんのことを知ったのは
「ほぼ日刊イトイ新聞」
 「ポンペイに学べ」ででした。
リンクした記事は第二期の対談の第七回ですが
この対談もはじめから読んでみるとまたとても面白いです。
2000年のお正月に一年発起してパソコンをはじめた私にとって
「ほぼ日」との出会いはとてつもなく大きかったのですが
いろいろな面白いことが「ほぼ日」には詰まっていて
たくさんの面白いことに出会いました。
思えば
このコンテンツは
もう十年近くも前のことになるんですが
本当に面白ろかったなあ。


ですから
その青柳先生の監修の
今回の企画展のことを知って
さらにその先生自らの講義、ということで
絶対に行こうと思っていました。
楽しみだあ~。

心に残ったことってこうしてまた出会えることもあるんですね。
それにしても十年一昔、というか
時代も自分の環境もこの間に変化しました。
今、
古代ローマ展を観てどんな風に思うんだろうなあと思います。



そして明日は
連日になるんだけれど
あまりにも楽しみな
「東京事変」ライブへ!

気合入れていきますよー。
相棒の末っ子と一緒です。
[PR]
by koyomidon | 2010-04-10 07:37 | お知らせ
書き留めておきたいこといろいろありました。

三月二十四日(水)
娘の卒業式を明日に控え、今日一日少し
時間ができたので
はじめて「小山登美夫ギャラリー」へ出かけてみることに。
ネットで調べてみたら支店も含めて何箇所かあるので
どこに行けば良いかなあと思い
さきちゃんに聞いてみたら
水曜日の午後は時間が取れます~~、とのことで
案内してもらうことになりました。
「お昼まではお仕事ですが家に帰って自宅からは二十分くらいなので~」、
ということでしたが
実は自転車で、その時間だった~…。
この日は小雨降る本当に寒い日だった中を
さきちゃんは自転車でギャラリーに近い駅で出迎えてくれました。
メールで待ち合わせをするのに
「地味なかっこうをしていますが~笑」と…。笑
冷たい雨の中を二十分も走ってきて迎えにきてくれていました。
地下鉄の駅の階段を上がった先に
雨がコートを通して沁みてるかもなあっていう
さきちゃんの姿を見たら
ものすごくじーーんとしました。
ありがとう~。ほんとうにありがとう~。

さきちゃんは流石と思われる案内でギャラリーまでの道のりや
ギャラリーの中を案内してくれて
いちいち面白かったです!!
帰りに和カフェであったかいものをいただいて
一緒に行った娘と三人、お互いの猫談義やら何やらに花が咲き
いろいろと本当に楽しすぎるギャラリー散策の日でした。
初小山ギャラリーでは思いがけず、
小山さんご本人(ちょっとスリムになられていたような…。)にもお会いできて
忘れられない記念となりました。
短い日程で、
平日でもあるし、と
どなたにも声をかけずに行って戻ってきてしまいましたが
でも振り返ってみるとやっぱりありがたいナラトモさん達で
心は会いたかったなあって思っていました…。
次はまたゆっくりまた「どん底の会」もしたいです。



たまたまうちの娘とさきちゃんの携帯がまったく同じで盛り上がり
待ちうけがまたお互いの猫画面で盛り上がり…笑
f0113109_8431059.jpg


さきちゃんの駅に停めた自転車…(雨に~涙)
f0113109_8431025.jpg


さきちゃんが「好きなんですよね」、と言ったギャリー向かい側の工場。
f0113109_8431066.jpg


なんとなく最近のしま(記事と関係なんですが…すみません…)
f0113109_8431022.jpg

[PR]
by koyomidon | 2010-04-09 08:43 | 日記