基本的に主婦。シンガーソングライター。          (画像Cherryさん)


by koyomidon
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

夏のにおい(アサイラムライブ)

十日にアサイラムでのライブを終えました。
最近の弘前ではめずらしく三十度くらいに気温も上がり
蒸し暑いけれど、貴重なこのなんともいえない夏感。
雨の音や、時計の時報の音や、
昇天教会の鐘の音や、車の音、とともに
歌わせていただく機会を得て嬉しかった。
自分の歌のつたなさにちょっと心細さも覚えましたが
でも楽しんで歌わせていただけたし、気持ちも入っていくことができたのでよかった。
Jkやつかささんや、さりげなく暖かいまなざしに救われつつ。
思いがけず、たてさん達がまだいらしてくださっていて
聴いてくださって恐縮でした…。
岩木遠足の音楽の時間の
タテタカコさんのライブはすごかった。
何度か聴いているけれど
やっぱりタテさんは凄いです。
よかった。なんだか力をいただきました。
聴こうという時間を持ってくれたことが門上さんも言っていたけれど
私もやっぱり嬉しいでした。
またいらしてくださったお客さまの知ったお顔の方もあり、
老若男女の方たちが聴いてくれて私はやっぱり嬉しかったです。

という訳でそのようなシチュエーションの中
最初に歌わせていただいたのが私でした。
1、りんごの国に雪が降る
2、見えない
3、海をみにいこう(スピッツ)
4、弔う
5、花


次が水野たかしさんで
青春18切符で東北を廻っているのだそうですが、
ギターもすばらしく流石で声がまろやかで暖かくお人柄がにじみ出ていました。
いつまでも歌い続けていてほしいですし、また
機会が巡ってご一緒させていただけたらきっととても嬉しいと思いました。

門上徹さんという人の存在もまた稀有だと感じたこの日のライブでした。
声がなんとも良くて、ギターもとりどりにすばらしかった。
雨の音も時計の時報も彼の歌に添っていました。

この歳になって
思いがけずいろいろな人との出会いの中で
反省したりゆれたり、そういうことそのものをさせていだけることが
私はやっぱり、なかなかいいと思うんです。
このような私のつたない歌なのに
いらしてくださってありがとうございました。
歌わせてくれたひろしさんもありがとうございました。
幸せな日々です。
[PR]
by koyomidon | 2009-08-12 07:15 | ライブ