人気ブログランキング |

基本的に主婦。シンガーソングライター。          (画像Cherryさん)


by koyomidon
カレンダー

2007年 07月 29日 ( 1 )

「パレオマニア」

七月二十八日(土)
 「パレオマニア」
大英博物館からの13の手紙。

大英博物館

歴史は日々更新している。
昔学校で習った歴史ではもうない。

今映像などで観ることのできるようになった遺跡や
知ることのできるようになった歴史に
驚きと尊敬を伴った感動を覚えずにいられない。
と同時に、人間は古代からなんら変わったいうことはないとい実感と
その底辺にどんな哲学や宗教を持っているかということにおいて、
むしろ、現代人のほうが貧弱になってしまっているのかもしれないと感じた。

現代知ることのできる歴史を通して
現代の人間について考え直し、
その一人である自分というものと
自分の生活というものも振り返ってみようと思った。

昔、父がこつこつと本棚においていってくれた
少年少女世界文学全集で多分子供の頃に読んだのだと思うけれど、
「旧約聖書」の物語も面白かった。

ギリシア神話も古事記も、
世界文学全集の中で読んで本当に面白かったのだけれど、
旧約聖書も面白かった。
ユダヤ教もキリスト教もイスラム教も
その根本に「旧約聖書」があり、
その最初の偉大な預言者としての
「アブラハム」のことを今あらためて考えてみる。
三つの宗教は
「アブラハムの宗教」と言われていて世界に
三十四億人あまりの信者がいるのだそうだ。
世界の半分以上の人が
この「アブラハム」のことを思っている。
信仰の父として…。


今、歴史についてあらためて興味が沸いて
いろいろと本など読んでいると、
この子供の頃に読んだ本の世界と
歴史の記実書としてのそれらの「読み物」の存在が
リンクしていた。
気が付いて、心がわくわくする。
「旧約聖書」
by koyomidon | 2007-07-29 06:01 | 勉強